1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. この攻防クオリティこそIWGP “現代の昇り龍”鷹木信悟が頂点に立つ
新日本プロレス

この攻防クオリティこそIWGP “現代の昇り龍”鷹木信悟が頂点に立つ

新日本プロレス

 7日、大阪城ホールにおける新日本プロレス『DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL』を視聴観戦した。(写真は観戦仲間からの提供)

大会結果まとめ 新日本プロレス DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL 6月7日(月)大阪城ホール

■ 新日本プロレス DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL
日時:6月7日(月)18:00
会場:大阪・大阪城ホール 観衆3,045人(主催者発表)

<オープニング>
復帰間近の高橋ヒロムが試合の見どころを解説

<第1試合>
エル・ファンタズモ
〇石森太二
チェーズ・オーエンズ
高橋裕二郎
EVIL
 11分50秒 ブラディークロス→片エビ固め
●SHO
YOSHI-HASHI
石井智宏
後藤洋央紀
棚橋弘至

<第2試合>
DOUKI
●ザック・セイバーJr.
タイチ
 11分31秒 オースイスープレックス
BUSHI
〇SANADA
内藤哲也

<第3試合/IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ●YOH
 23分40秒 ピンチェ・ロコ→体固め
〇エル・デスペラード
[第89代王者] ※デスペラードが初防衛に成功

<第4試合/スペシャルシングルマッチ>
●ジェフ・コブ
 19分54秒 カミゴェ→片エビ固め
〇飯伏幸太

<第5試合/第3代IWGP世界ヘビー級王座決定戦>
〇鷹木信悟
 36分00秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
●オカダ・カズチカ
※鷹木が第3代IWGP世界ヘビー級王者となる

今年に入ってオスプレイに2敗、オカダに2勝…鷹木は首の皮一枚なれど最前線

 いやはや圧巻のメインだった。オカダ・カズチカvs.鷹木信悟。他団体の台頭はあれど、攻防クオリティにおいては追随を許さない。そんな新日本の真骨頂を見せつけた。体力と運動能力、技能、ラリー、ひらめき・・・それでいて、技の品評会には決してしない。脈々とした闘いを新日本を築いてきたわけだが、オカダと鷹木が継承してみせた。

 場外での攻防をMADE IN JAPANで制した鷹木は記憶に残るシーン。

 オカダと鷹木が・・・と書くのは適切であって適切ではないかもしれない。印象としては「鷹木、強し!!」である。オカダが2020年以降に繰り広げてきた飯伏幸太、内藤哲也、EVILらとの闘いでは、どこかにオカダの一歩引いた感があった。今回の鷹木の闘いは、まさに「強いオカダ」を真っ正面から封じ込めたインパクトあり。

 オカダの連続攻撃を徹底的に遮断していく鷹木。攻めていても守っていても視線をひとり占めしていくアクション。ジャイアニズムここに極まれりという試合がここにはあった。この表現に間違いはないのだが、ジャイアンうんぬんというキャラクターでは説明しつくせない色気が鷹木からは溢れる。それが鷹木の「現代の昇り龍」ぶりだ。

AD

 鷹木「(イスに座り、テーブルにベルトを立てかけて、しばらく言葉を選んでるように無言が続く)………はあ……ホッとしてるよ。ひとまずホッとしてるよ。どんなに強がっても、やっぱ、オカダを目の前にしたら、そりゃあビビるよ。百戦錬磨のオカダを前にしたら、どんなに強がったって、俺の気持ちはおったさ。あいつはやっぱすげえよ。でも逆にあいつの一言が、俺に火をつけたな。対等にものをいえるなと。棲んでる世界が違うと。なにくそ! と、思ったけど、あながち間違いじゃないんだよな、オカダの言ってること。悔しいけど、間違いじゃねえんだよ。あいつのやってきた実績に比べたら、俺の実績なんて、足元にも及ばねえよ。だからこそ、今日、負けるわけにはいかなかった。

 今日俺が負けてたら、オカダ、棚橋、内藤や飯伏、あいつらのいる、あいつらがいるな、トップ中のトップに、永遠にのぼることができないと思ったんだ。首の皮一枚つながったんじゃねえか、オイ。これ(IWGP世界ヘビー級のベルト)獲ったからってオイ、別にあいつらと対等だとは思ってねえよ、俺は。だがな、謙遜するわけじゃねえが、片足ぐらいは突っ込んだと思ってるぜ。な? 全身そこに入り込むか、また追い出されるかは、俺次第だ」

(新日本公式)

 “龍”つながりで、かつての天龍源一郎がオーバーラップする。天龍には大相撲という経歴こそあれ、オリンピック出場経験も身長もあったジャンボ鶴田と対比された際には「雑草vs.エリート」という見られ方をしたものだ。とはいえ試合内容が煮え切らない鶴田に対抗して天龍は革命と謳われる闘いを仕掛ける。鶴田に匹敵する存在感を打ち出していった。

 こういう意欲であり生き様こそ、ボクらがプロレスを追いかけたくなる動機になりえる。鷹木「今日俺が負けてたら、オカダ、棚橋、内藤や飯伏、あいつらのいる、あいつらがいるな、トップ中のトップに、永遠にのぼることができないと思ったんだ。首の皮一枚つながったんじゃねえか、オイ」。

 今年に入ってオスプレイに2敗、オカダに2勝という戦績も興味深い。鷹木の“タイトル戦資格”には異論もあったようだが、最前線に立っている証がその戦績そのものだと思う。鷹木は首の皮一枚なれど、誰よりも身体を張っている。もちろん、ウィル・オスプレイを待ち受けることは本人もコメントしている通り。

 トップの地位を確立していた古巣を18年10月に退団し、主戦場を新日本に移したのは重大な決断だった。「プロレスラーとして東京ドームや日本武道館で試合したいという気持ちと、あとはやっぱり強く意識してた同世代のすごいやつらと戦いたかったという気持ちが大きかったよね」と振り返る。

 ともに「昭和57年会」として切磋琢磨していた飯伏、内藤哲也(38)と全盛期に戦わずしてキャリアを終えれば一生後悔が残ると考えた。また当時、タッグパートナーのBUSHI(38)からはリングネームの改名を提案されたこともあったという。

「『コスチュームも変わるなら名前もローマ字のSHINGOにしない?』って案があったんだけど。やっぱり新日本に来るにあたって一番意識している『内藤哲也』、『飯伏幸太』といざ戦うとなって、会場の電光掲示板に名前が出る時を想像したら(自分も)漢字4文字がいいなって。その時に信念を悟ったんだよね」

 こだわり抜いた「鷹木信悟」の4文字は、確かにプロレス界最高峰のベルトに刻まれ、そして願い通り飯伏との王座戦も引き寄せた。

(東スポ)

 「昭和57年会」の内藤哲也・飯伏幸太と闘いたかったという鷹木の目論見を、どこまで新日本が想定していたかは定かではない。参戦した2018年にはロスインゴ・高橋ヒロム長期欠場があり、新日本はジュニア枠で鷹木を起用していた。その後はジュニア戦線、ヘビー転向してのNEVER戦線などでノシ上がってきた。

 攻防クオリティの背景には、鷹木の足跡と闘いあり。そして鷹木は「あいつ(オカダ)のやってきた実績に比べたら、俺の実績なんて、足元にも及ばねえよ」と、これからである点を強調する。オールドファンも含めて「オオッ」と思わせるハツラツおじさんが、いま本当に熱い。

 鶴田を熱くさせた天龍のように、飯伏・内藤・オカダを熱くさせるのは鷹木ではないのかという気もするのだ。 

2020年までIWGPヘビー戴冠歴のなかった飯伏・オスプレイ・鷹木。IWGP世界ヘビー初代・第2代・第3代に名を連ねる

 メインが外様同士の一戦となっていた段階で、第3代まで“生え抜き不在”である点は確定していた。IWGP世界ヘビーベルトの顔ぶれを表現するとしたら、「2020年までIWGPヘビー戴冠歴のなかった飯伏・オスプレイ・鷹木が初代・第2代・第3代に名を連ねた」となる。

 統合ベルトが新しい新日本の序曲となる。もちろん、オカダもどこかで逆襲してくるだろう。下半期日程は発表とはならなかったが、ラインナップも待ち遠しい。

 どこかのビッグマッチで行われるであろう鷹木vs.飯伏に向けたタッグ前哨戦を含む対戦カードが8日に発表されている。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年6月5日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューは“借金芸人”こと岡野陽一。玉袋筋太郎の変態座談会についに佐山サトルが登場! そしてファイティングネットワークリングスは旗揚げ30周年。リングス代表・前田日明にインタビュー。ほか矢地祐介、西村知美、宮戸優光らのインタビュー]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]



[2021年6月30日発売! プロレスと酒、そして旅があれば生きていける―世界最大の米WWEからノーギャラも当たり前なアジアの新興団体まで世界のプロレスを知るTAJIRIが放つ闘いと酒と食と文化とおかしなヤツらに出会った旅の記録]



[2021年6月23日発売! [特集]佐山サトル 1975-1978 [巻頭ロングインタビュー]初代タイガーマスク [考証]佐山サトルvsマーク・コステロ“期待のホープ”が他流試合に挑んだ日 [証言]小林邦昭、栗栖正伸 佐山サトル全試合記録]



[2021年6月17日発売! 「チャンピオンになってからが、本当の向かい風でした」新日本プロレスのエース棚橋弘至、初の自伝。チャラい、軽い、新日本らしくない、とブーイングされ続けた男が、IWGPヘビーという「険しい山」の頂点に登りつめるまで。幼少期からデビュー前の貴重な写真も掲載]



[2021年6月6日発売(電子書籍) 新レーベル『CyberFightBooks』第1弾。三沢光晴13回忌にあたる2021年6月13日。主婦の友社が刊行し今では希少価値がついている4冊を大合本に。書き下ろし収録もあり]



[2021年5月19日発売! 女子プロレスラー VISUALIST Women’s Pro-Wrestling Portrait Collection ジュリア 坂崎ユカ 安納サオリ 雪妃真矢 中野たむ 瑞希 野崎渚 赤井沙希 ひめか 世羅りさ 青野未来 上福ゆき]



[2021年5月19日発売! 国内外のリングで数々の大物レスラーと対峙した時、武藤敬司とグレート・ムタは何を考えていたのか? 稀代の天才レスラーがプロレスの本質も説き明かすファン必読の一冊!! ]



[2021年6月9日発売! 前田日明 (著) 慟哭! 南海トラフ地震対策もせず、国土も守らず、自衛隊員も見殺し どこまで国民を軽視するのか! 「日本が憎くて言ってるわけではない。今の日本は国と国民の思いが大きくズレているように思えるのだ」]



[2021年4月14日発売! タイガーマスク、ダイナマイト・キッド、ブラック・タイガー 「出会い」、「引退」、「再会」、「別れ」――日本とイギリスで紡がれた最高にして永遠のライバルストーリー]



[文庫版となって2021年4月20日発売! 1980年代前半、全国のちびっ子を魅了し、アントニオ猪木を凌ぐ新日本プロレスのドル箱レスラーとなったタイガーマスクは、なぜ人気絶頂のまま2年4ヵ月で引退したのか? UWFにおける前田日明との“不穏試合”では何が起きていたのか? 自身が創設した総合格闘技「修斗」と訣別した理由は?]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]

レポートbyカクトウログ

> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼