天龍源一郎「心配をかけたけど元気な姿をお見せすることができました!! そして戦友に勇気を与えられたよ」

pick up ▼ニュース 【新日本】ジェイが内藤からIC奪取!後藤が挑戦名乗りも「お前は恥ずべき存在」/後藤が鷹木に雪辱!10万円超の高級ワインで祝杯/ライガー狂乱!7年ぶり鬼神化、鈴木に毒霧噴射し反則負け/成田蓮が柴田勝頼にLA道場での修行を直訴/柴田「一つ言っておくぞ。俺の練習、メチャクチャ厳しいから」/大会結果┃【全日本】準決勝は「宮原vsゼウス」「石川vsジェイク」 王道T最終戦9・23名古屋全カード決定 ┃〈佐賀豪雨・支援の輪〉プロレス団体「ZERO1」 全国10会場で募金呼び掛け┃【スターダム】木村花が5★STAR制覇 赤いベルト挑戦へ ▼情報&コラム 日本女子プロレスラー、本場アメリカのWWEで大人気なワケ┃48年前の名勝負を支えた伝説のラガーマン「阿修羅原」の生き様┃12月15日(日)13:00恵比寿ザ・ガーデンルーム『四天王vs三銃士トークバトル』田上明&小橋建太vs.武藤敬司&蝶野正洋┃12月13日(金)~12月15日(日)三条市体育文化会館『三条市名誉市民ジャイアント馬場没後20年記念展』/12月14日(土)14:00三条市体育文化会館『G馬場没後20年記念展記念トークショー』馳浩、小橋建太、和田京平 ▼格闘技 【修斗】12年ぶり参戦の髙谷裕之が75秒KO負け┃盛り上がる日本ボクシング界 王座剥奪された“あの男”の復活にも期待┃五輪新種目「空手」難解すぎて楽しみ方がわからない

 個人的には21、22日とも仕事に出ていて、秋のイベントラッシュに完全に乗り遅れ。こちらの様子をネットニュースでチェックする。

(病気を発表した後に心配をかけたけど皆さんの前に元気な姿をお見せすることができましたそして戦… 天龍源一郎オフィシャルブログ「天龍源一郎の人生腹いっぱい」Powered by Ameba)

・ 天龍源一郎VS高田延彦氏 トークバトルで貴重な証言連発(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

AD

 天龍プロジェクト主催によるミスタープロレス・天龍源一郎(69)と“最強”こと高田延彦氏(57)のトークバトルが22日、東京・目黒区のStudio CLASKAに超満員180人のファンを集めて行われた。テレビのワイドショー番組は、実に6局が取材に訪れた。

 天龍と高田氏は1996年7月20日のUWFインター神宮球場大会で初対決。歴史に残る激闘の末、高田氏が勝利して同年の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」年間最高試合賞を獲得。12月13日のWAR両国大会では天龍が壮絶なリベンジを果たした。いわば今回のトークバトルが「3度目の一騎打ち」となるだけに、開始から場内は異様な熱気に包まれた。

 高田氏は冒頭で「楽屋に入った瞬間に天龍先輩がいらしたので、アイドリングできないままここに座っています。今日はがっつり楽しんでください!」と笑顔で語った。

 天龍は若き日々を振り返り「あのころ新日本プロレスは、毎週金曜夜8時から放送されてたじゃない。いつも猪木さんの横にピッと直立不動で立って、ガウンを受け取っているりりしい若者を見て、馬場さんが『オイ、お前らこの若者を見習わんか。ダラダラとしやがって』と怒ってさ。今までとは別のシステムを導入したんだよね」と意外な事実を明かした。

 お互いコインランドリーもない時代に新弟子時代を過ごした2人は、それぞれの苦労話を披露。高田氏が「毎日、猪木さんのマッサージを3時間やってました。でも最後まで僕が抱いていた猪木さんのイメージは変わりませんでしたね」と語るや、天龍は「そのメンテナンスが猪木さんの選手生命を長くしたと思うよ」と正論中の正論を吐いた。

 その後も2人は、馬場さんと猪木氏をルーツとして持つ人間としての胸中を明かした。「俺たちは(全日本とは)違うんだという意識が強かった。異種格闘技はその象徴だった」(高田氏)、「全日本より新日本のほうが圧倒的に先端を走っていましたよね。全日本はおっとりしていた」(天龍)、「でも輪島(大士=元横綱)さんが入ってからは違ったでしょ。僕らテレビにクギ付けだった。『天龍さん、やり過ぎじゃないの?』って。録画して移動バスのビデオで見てました」(高田氏)、「当時の格闘技はプロレス、ボクシング、相撲しかなかった。そこにUWFという異分子が入ってきたから、俺たちは焦ったよね」(天龍)と貴重な証言は続いた。

 そして歴史的な初対決に話が及ぶや、高田氏は「当時のUインターの経営は苦しかったけど、試合の話が来たときは『えっ? 本当に神宮球場で天龍源一郎と戦えるの?』というのが正直な気持ちだった。ファイターであり、アーティストであり、格闘家であり、相撲から叩き上げてきた大先輩。対角線上に立って大きな勲章にしたいという気持ちだった」と当時の心境を語った。

 決戦本番に話が及ぶと「天龍さんと戦うと、宇宙に行ったり、リングに戻ったり、観客席から客観的に試合を見ることができた。これが天龍マジックなのかなあと。あの年に最初で最後のMVPを頂いたのは天龍さんが相手だったからころですよ」と語った。

 天龍は「相撲からプロレスに打ち込んだ天龍源一郎と、UWFという進化系の高田延彦がどう交わるのか。興味があった。結果的に球場が超満員になったし、満足してますよ。しかしキックはスッと的確に入って痕が残ったなあ…」と感慨深そうな表情を浮かべた。

 高田氏は「試合をやりながら恐怖感と幸福感を感じつつ、お客さんともキャッチボールを続ける。あんな感覚は初めてだった。チョップは厳しすぎたけど(笑い)。今でも不思議なんだけど、ずっとこの瞬間が続けばいいなと思いながら戦っていた。終わった後は妙に寂しかった。最高の時間や旅は終わると、寂しいんだなという実感があった。天龍さんのプロレスは“色気”がすごかった。天性のものでしょうね」と独特の表現で、こちらもまた感慨深そうな表情を見せた。この言葉に天龍は「(ルーツは)テリー・ファンクですよ」と照れ笑いを浮かべた。

“熱戦”は1時間半以上にも及び、最後に両雄はガッチリ握手。高田氏は「天龍先輩に呼んでいただいたことは宝物であり財産です。ギネスの最高記録は116歳。だったら156歳くらいまで生きて、天龍魂を後輩に継承していただきたいと思います!」と熱く締めくくった。

 天龍は9日に小脳梗塞を患っていたことを明かし、公の場に姿を見せるのは革命戦士・長州力(67)とのトークバトル(7月21日)以来となったが「(高田氏は)同じエリアに属する選手だと思っていた。やっぱり俺にとっては仲間ですよ」と再会に感激した様子だった。

 天龍は年内にもう一度、11月17日にトークバトル(対戦相手は大物X)を開催する予定。不死身の69歳はどこまでも元気だ。

 なんと言っても・・・天龍がブログで公開した2ショットが実にエネルギッシュ。百聞は一見にしかずと言うのでしょう、写真1枚で嬉しくなった。

 トークはお互いへのリスペクトが溢れたもので、読んでいて気持ちがいい。2団体がライバルだった時代、競争の実態が掘り起こされる。高田の猪木付き人ぶりを馬場がチェックしていたとは! 天龍が新日本に出遅れ感を感じていたとすれば、高田は「(天龍の)輪島との闘いにクギづけ」と明かす。

 天龍の症状についてはこのように記事で触れられている。
・ 天龍源一郎、小脳梗塞公表後初公の場 高田延彦がエール「156歳くらいまで生きて」(オリコン) – Yahoo!ニュース

 3度の入院を経て、現在は目立った後遺症は現れておらず、完治はしていないが症状は安定状態という。

・ 天龍源一郎「元気ですかー」脳梗塞公表以来初公の場(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 病を公表したのは最近だが発覚したのは4月で3度の入院を経て、6月に退院。その後もトークショーやテレビ出演をするなど精力的に活動していた。

 週刊プロレスモバイルには、イベント後の囲み取材の様子も。投薬治療を続けており、飲酒を少量(缶ビールも八分目まで)にし、規則正しい生活を心がけているんだという。

 2か月に1度のペースでイベントに登場している天龍。この笑顔のままで登場できるよう、くれぐれもマイペースで!!

 11月は引退から4周年というタイミング。相手は誰になるのか注目される。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい