1. HOME
  2. プロレス
  3. その他
  4. 30年前の「プロレスは低劣なゲーム」発言とは 訃報が引き出した記憶
その他

30年前の「プロレスは低劣なゲーム」発言とは 訃報が引き出した記憶

その他

 評論家である立花隆さんが4月30日に急性冠症候群のため死去していた。23日に報じられた。享年80。

当時選考委員・立花隆さんによる「大宅壮一ノンフィクション賞」コメント

 プロレス関係者・ファンは、30年前のある事件で立花さんの名前を記憶している。訃報をきっかけに、記憶を引っ張り出してSNSに書き込んだファンも目立った。

1991年、事件が起きた。プロレスを題材にした作品が第22回「大宅壮一ノンフィクション賞」を受賞したのだ。

井田真木子の「プロレス少女伝説」である。

《柔道から女子プロレスに転向した一匹狼の神取しのぶ。中国帰国子女で、日本語がわからずに毎日見ていたテレビで女子プロレスに出会った天田麗文。日本の女子プロレスに“就職”したアメリカ人、デブラ・ミシェリー。異質な3人を通して、独自の女子プロレス文化を生みだした日本社会をふかく見つめる》というノンフィクション。

プロレスファンにとっては朗報であり鼻高々な知らせ。世間のスポットライトをプロレスが浴びたという誇らしい気持ちだった。

しかし、選考委員の立花隆(評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家)が次のように語ったことを知る。

「私はプロレスというのは、品性と知性と感性が同時に低レベルにある人だけが熱中できる低劣なゲームだと思っている。もちろんプロレスの世界にもそれなりの人生模様がさまざまあるだろう。しかし、だからといってどうだというのか。世の大多数の人にとって、そんなことはどうでもいいことである」

このコメントを読んだとき、息が止まりそうだった。いきなり冷水をかけられた思い。びっくりした。しばらく、ゆっくりと、文字を往復して見た。やっぱりそう書いてある。

なんて酷いことを言うんだろう。顔が紅潮するほど怒りがこみ上げた。立花隆なら何を言っても許されるのか。

(2014.07.20 「20年越し」の立花隆への反論をコラムに書いたので読んでください。『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 32発売。 | プチ鹿島ブログ「俺のバカ」)


[プロレス少女伝説 井田 真木子(著) 長与千種、神取しのぶ、天田麗文、デブラ・ミシェリーの足跡をたどり、80年代に熱狂的なブームとなった女子プロレスの文化を通して「日本」を見つめ直す。第22回大宅賞受賞]


[KAMINOGE vol.32 SAKU LOVER FOREVER デイナ・ホワイトの、サクラバへの異常な愛情]

 当時選考委員・立花さんによる「大宅壮一ノンフィクション賞」選考に際してのコメント。立花さんが『プロレス少女伝説』の受賞に反対していたことは明らかだった。コメントは、当時の週刊プロレス・ターザン山本編集長が反論するなど話題に。

ジャンルとして闘っていた昭和。現代プロレスでは“安住”できるように!?

 昔の関係者・ファンはエラかったと語るつもりもないし、当時のことを懐かしく感じるものだ。ジャンルを揺さぶるような見解に囲まれていたことを考えると、現代プロレス団体やファンは“安住”できているとも言えるのかもしれない。

 一方で、多様なアプローチでプロレスを自由に楽しむことができることから、試合やストーリーは現代の方が厳しく問われる。ファンもあらゆる媒体を駆使してプロレスを語り合うようになった。

AD

 上記で引用したプチ鹿島さんは『KAMINOGE』で「大いなる無駄はあっていい。『から揚げ』を食べるか食べないかの人生なら、私は食べる人生を選ぶ」などと見解を出していた(詳細は同書を)。

 これもまた、ファンが一人ひとり答えを出していくのが面白い。プロレスにある“ちょっと理解しがたいところ”が面白いのだ。技を仕掛けるのも強さなら、技を受け切るのも強さ(キレイに言うと「受けの美学」)。そのためにコーナートップに上がったり、ロープの反動を利用したりと、「本当の意味で勝負をつけにいくならこうする」というファンの空想をかなえる。理にかなっていないような展開が多少ブレンドされようとも。

 試合で勝てばいいわけではなく、観客が“わかる”ように闘ったうえで勝つ。競技からは逸脱して、芸術点ありのスポーツにも思える。スカッとできる豪快さと、反面でのまわりくどさにハマってしまうわけだ。

 プロレスという世界の中での強さの競い合いでの“真剣勝負”によって、プロレスラーは生き様を見せつける。過程においていかにファンの想像を超えられるかで、レスラーは腕を試される。その上での実績づくり(王座戴冠や制覇)を心から喜べるのが、レスラーでありファンである。

 どこかで書いたかもしれないが、大学時代の先輩が知人にこう言われたというのだ。「今日の大会、メインイベントがタイトル戦というのはわかった。では、他の試合は何!? 趣味なのか」。

 仕掛けたい闘いがあり、打ち破りたい選手がいる。披露したい技術があり、構築したいプロレス人生がある。そのために闘い続ける。この世界を楽しめないのは感受性が低いんじゃないかとも言いたくなるが、何に共感するかは人それぞれ。

 自身のプレーでファンを魅了するということをプロ野球で追及していた長嶋茂雄さんの例も、カクトウログでは持ち出していたことがある。「必要なアレンジをやってこそプロ」というのもまた真実ではないのか。

 長嶋の守備は、華麗でメジャー級のものであった。その理由として、普通の三塁手よりも1.5メートルほど後ろに守って、広い守備範囲を持っていたためである。
 しかも、帽子を飛ばしてのスローイングなどは、簡単なゴロでも難しく見せていたといわれている。
 しばしば普通のショートゴロになるものまで捕りに行ってファインプレーに見せかけたりもしている。
 しかし、フライは、見せ場がないからという理由で嫌いだったらしく、普通のサードフライでも無理やりショートに捕らせていたと言われている。

(伝説のプレーヤー 長嶋茂雄 http://dogyamanet.web.fc2.com/player/sportsnagasima.htm )

長嶋の空振りは、脱げたヘルメットが三塁ベンチの方へ飛んでいったといわれる程で、豪快な空振りでファンを沸かせた。ファンを魅了することを前提に、普段から空振りしたときにヘルメットを飛ばす練習をしていたという。また、空振りしたときにヘルメットが回って飛びやすいように、アメリカから楕円形のヘルメットを取り寄せ、愛用していた。

(長嶋茂雄 – Wikipedia)

 プロスポーツとは何か。目立つとは何か。それを現役時代に追求していた長嶋さん。プロ野球はファンを楽しませるものでなければいけない。長嶋茂雄はファンを楽しませる存在であらねばならない。純粋に勝敗に徹する点と、見せる点。その線引きが他の選手とかなり違っていたんじゃないかと思わせる。

 プロレスは、その線引きへの自由度が高い。線引きの仕方が選手にゆだねられている。観る側としたら、もうそこまでいったらスポーツじゃないという飲み込み方もあるだろうし、これぞキング・オブ・スポーツだとの納得をする人もいるだろう。どっちが正解とか、そういう問題じゃない。観る側としての答えの持ち方の個性なのだ。

(2013.04.10 「一部の方の誹謗・中傷、虚言には惑わされる事無く…」新日本プロレスがファンに向け異例の発信: プロレス/格闘技 カクトウログ)

 とはいえ昭和時代のプロレスには、立花さんのような見解も一般的ではあった。立花さんにはプロレスを深く考えるきっかけをもらったことにもなる。評論家としての多大な貢献を果たされた。どうぞ天国で安らかに。

この人はムリ! ジャイアント馬場への取材を投げ出した文春社員時代

 訃報きっかけに、こんなエピソードも明かされる。

(立花さんは)さらに続ける。「スポーツか…文春社員の時代ね、ジャイアント馬場との『この人と一週間』っていう取材は、初日に『ボク、この人はムリ!』って放り投げたなあ。代わりに行った三田佳子の取材は、移動中の車がびょ~んとひっくり返って田んぼに落ちちゃったんです。もう時効でしょ」。知られざる原点を知った。

(2021年6月24日 立花隆さん、取材後着信「立花です。またよろしくね~」心に響く「知の巨人」の優しさ…記者が悼む : スポーツ報知)

 社会人の駆け出しの話だろうか。最初から“プロレスと合わない”という立花さんの中での確信が、しだいに増長していったところはあったのかも!?



応援よろしくお願いします!!
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年12月6日発売! 表紙及び巻頭ロングインタビューは、4年前の試合中の怪我により長期欠場中の柴田勝頼(新日本プロレス)。 まさかの復帰はあるのか? そして好評連載『鈴木みのるのふたり言』は拡大版で、2カ月間の全米ツアーを終えた手応えを鈴木みのるに聞く]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼