1. HOME
  2. メディア情報
  3. 書籍情報
  4. 一生続く前田日明のロマンチック KAMINOGE&教養としてのプロレス
書籍情報

一生続く前田日明のロマンチック KAMINOGE&教養としてのプロレス

書籍情報

 読者のみなさんにあたっては、年始月でバタバタという感じ? それともステイホームでゆったり? ボクの方はちょっとバタバタなのだが、このエントリーは読書タイムの参考まで。

2021年1月5日発売 KAMINOGE vol.109

 こちら1月号の方です、紹介時期が変でスミマセン。読まずにいたものに手をつけ始めました。


2021年1月5日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューはお笑い芸人のニューヨークのお二人。嶋佐和也さんと屋敷裕政さんにお笑いについて深く、そしてパーソナリティについてもお聞きしました。他、前田日明、朴光哲、工藤めぐみ、玉袋筋太郎、世志琥、Sareee、菅原美優のロングインタビュー。連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー吾郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、古泉智浩、坂本一弘、椎名基樹、マッスル坂井、ターザン山本!、大井洋一、伊藤健一(敬称略)
KAMINOGE vol.109 | 株式会社 玄文社

 扉の見出しなので引用をお許しいただきたい。前田日明がインタビューに応じている。

「自分のことは好きとか嫌いというよりも、うまく付き合っていくしかしょうがないじゃん。騙し騙しでも付き合っていこうって達観してるくらいだよ。昔は自問自答とかしていたけどさ、いくら注意してもやることはやっちゃうんですよ」

 井上崇宏編集長が他誌にはない前田を相変わらず引き出しているわけで、見出しから期待される以上のインタビューとなっている。ファンもアンチも多い前田であるが、言動の背景をまた理解できる必読テキストがここにあり。それでいて、自分に当てはめてアレコレ考えることもできる。“宮本武蔵と会いました”含めて確認を。

AD

2021年2月5日発売 KAMINOGE vol.110

 次号はこちら。


2021年2月5日発売! 平本蓮 浜崎朱加×山本美憂  斎藤文彦×プチ鹿島 鈴木みのるのふたり言 玉袋筋太郎「マッハ文朱」変態座談会 武藤敬司×小橋建太 所英男 西村知美
KAMINOGE vol.110 | 株式会社 玄文社

2016年7月14日発売 教養としてのプロレス(双葉文庫)

 もともと新書版で発売されたのだが、今から買うならこの追加原稿ありの文庫版がオススメ。


2016年7月14日発売! プチ鹿島 (著)「プロレスを見ることは、生きる知恵を学ぶことである」―。著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための教養を、余すところなく披瀝。今もっとも注目すべき文系芸人による初の新書登場。90年代黄金期の週刊プロレスや、I編集長時代の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。文庫版のみ収録の対談など含めて、待望の文庫化!

 前後含めてリンク先には長文あり(TBSラジオ『荻上チキ Session22』に出演)。

プチ鹿島『教養としてのプロレス』プロレス視点で全てを読み解く方法

(プチ鹿島)そもそも僕がいちばんこの本の肝になっているのが、僕が子どもの頃。1980年代、10才ぐらいからプロレスを見だしたんですね。で、その時っていうのはゴールデンタイムで放送されていたんで。20%ぐらい視聴率を取っていたんです。ということは逆に言えば、プロレスに興味がない一般の大人もプロレスと触れる機会が多かったんですね。で、『プロレスが好きだ』なんて言うと、『あんなもん、八百長だろ』とか、『あんなもん、ショーだろ』ってバサッと否定されるんですよ。で、僕それに対してものすごくコンプレックスを抱えていて。二十歳過ぎるまで、プロレスが好きっていうのは僕、黙っていたんです。

(南部広美)ええっ!?

(プチ鹿島)隠れキリシタン的な。本当に。だからあの、自分の中でもコンプレックスがあったんです。こんなものを好きでいいんだろうか?っていう。

(荻上チキ)ああ、好きだからこそ、否定されることが嫌だから。悶々とする。

(プチ鹿島)そうです。で、実際自分でもプロレスの胡散臭さとか、いかがわしさっていうのは十分わかっていて。で、自分の中でも疑心暗鬼、半信半疑なんですけども。それはやっぱり普通の大人にバッサリ切られると傷つくわけですね。でも、大人には傷つけられるんだけど、いざテレビの前で猪木を見ると、ものすごく、疑って見る時に限って、あやしい色気が発生するわけですよね。ひきつけられちゃうんですね。

(荻上チキ)色気。

(プチ鹿島)で、そこで考えたのが、もうプロレスが八百長とか真剣勝負とか、なにが真実か?とか、それはもう関係ないんだと。もう半信半疑でいいじゃないかと僕は思ったんです。半信半疑という気持ちでものごとを見たら、いちばんワクワクドキドキできるわけですよ。たとえばプロレスはもう絶対真剣勝負だ!っていう。そっちだけの、真に固まっていたら、それはそれで頭が硬直しちゃうし。プロレスなんて八百長だしショーだけど、これはあえて楽しむんだよみたいな、そこまでなんて言うのかな?型を崩しちゃうとやっぱり味気ない。パサパサになるんですよ。

(荻上チキ)はいはい。

(プチ鹿島)それよりは、『これ、一体どういう裏があるの?』とか。『面白いな』とか疑いつつ、半分信じて半分疑うポジションだと、こんなに面白いものはないっていうのを僕は自覚したわけですよ。それをものごとに、プロレスだけじゃなく、たとえばオヤジジャーナルですよね。東スポとかいろんなものを読み比べて、『これ芸能人スキャンダル書いてあるけど、どこまで本当なんだろうか?』とか。そういう読み比べをし始めたのが、全部応用できたのが半信半疑というスタイルですね。

(荻上チキ)やっぱりその、たとえば載る芸能ニュースもね、リークとかされたりとかっていうケースとか。あるいは、あるスキャンダルが発覚した時に、その写真をあえて他のスキャンダルを渡すことでそっちを報じないでくれっていうようなやりとりがあったりとか。そういったことって、どこにもやっぱり通じるものだったりしますよね。

(プチ鹿島)そうですよね。だから半信半疑を楽しむっていうのは、イコールグレーゾーンにいるっていうことなんですよ。イエスかノーか、いまなんか特にtwitterとかあるから。特にイエスかノーか、二項対立しかないですけど。このグレーゾーンにいると、意外とこう、自分の中で熟成してゆっくり考えて。これはどういうことなんだろう?っていう。『いや、でもな、猪木を信じよう』とか。『猪木、でも信じられないな』とか。そういう彷徨いつつ、でもグレーゾーンにいた方が、ものごとを見る方がちょっとワクワクするっていう。で、これ1995年にオウム真理教事件、地下鉄サリン事件っていうのがあってね。

(荻上チキ)はい。ありました。

(プチ鹿島)僕、当時25才で。ちょっと上の世代だったんですよね。僕より上の世代の人たちだったんですけど、だいたいまあ若者ですよね。あれを見て、僕本当に思ったのが、彼らはやっぱりプロレス心がないんだなと思ったんですよ。というのは、自分が信じるものをなんで世の中はわかってくれないんだ?ってこれ、僕がまさしく感じた、昭和から感じたプロレスファンの気持ちと同じなんですよ。で、そういう人って暴走しちゃうとどういうことになっちゃうか?っていうと、自分以外は全てバカっていう。これをわかってくれない世の中は、自分以外全部バカ。

(荻上チキ)ああ。

(プチ鹿島)最初は純粋な気持ちで必死に真面目に応援してるんだけど。信じてるんだけど。それを世の中がわかってくれないと、自分以外は全てバカってすごい傲慢に豹変するんですよね。

(荻上チキ)わかっている側とわかっていない側の二者しかいない。

(プチ鹿島)極端から極端に行っちゃうんです。グレーゾーンがないと。で、僕はやっぱりあの事件を見た時、『ああ、半信半疑の真ん中に立つ気持ちって大事だな』と思ったんです。たぶん、最初からオウムの信者だって、やっぱりこれは素晴らしいものだ!って。たぶらかされたにしてもですよ、思ったに違いないんです。でもそれがだんだんこう、なんで世間はわかってくれないんだ!?っていうのが突き詰めていくと、極端から極端に走ると、傲慢になっちゃうっていうのは、それは僕、プロレスで本当に味わっていたんで。なんでプロレス、猪木のあれをわかってくれないんだ!?って。世間はバカじゃないか?って。で、そういう時に登場したのが、UWFっていう新しい団体なんですね。

(荻上チキ)おお!

(プチ鹿島)猪木さんの弟子筋がやっている。たとえば前田日明さんとか。彼らがやったことは何か?って、いままでのいかがわしいプロレスっていうのを全部否定しますと。ロープに振っても返ってきません。キックと関節技、いわゆるいまの総合格闘技の原型なんですけど。そういう格闘スタイルをやりますって。

(荻上チキ)リアルだよと。

(プチ鹿島)だから僕は救われたわけですよ。それまで自問自答していたわけです。こんなもん好きでいいのか?って。でもなんかやっぱりこういういかがわしいもの、好きだなって思いつつ、プロレスの中で、やっぱり革新的な団体が出てきたんですね。それで僕も当時10代、二十歳ぐらいでしたから。そっちに流れたわけですよ。だから自分の中である意味、学生運動だったんですね。その時はもう学生運動なんてなかったですけど。で、この理想を追い求めたんです。要は頭でっかちのあれで。そしたらそれが分裂してしまうわけですよね。なんでこんな志の高い理想っていうのは、全て分裂してしまうんだろう?頓挫してしまうんだろう?っていうのを、僕はプロレスで散々見てきたんで。

(荻上チキ)ええ。

(プチ鹿島)だからその後、オウム真理教の事件が起きた時とか、『ああ、やってること、同じだな』って。で、僕は少なくとも挫折を覚えたし。で、彼らはやっぱり挫折を知らなかったと思うんですよ。ものすごくエリートの理数系の大学とかを出たわけですから。それでなんで自分たちのことをわかってくれないんだ!?この志をわかってくれないんだ!?っていう、あの挫折のない感じがね、『あ、プロレスを見てないからこうなったんだな』って、僕は本当に真面目に思ったんです。

(荻上チキ)それはいい考えですね。

(プチ鹿島)だから半信半疑の大切さを学んだんですね。グレーゾーンっていう。

 KAMINOGE連載分を含むプチ鹿島氏の執筆集。発売から時間経っているが、色褪せない名著となっている。個人的に、こういうコロナ禍でのプロレスの在り方をいろいろ考えるのだが、そもそもプロレスって何だったっけということを考えることを助けてくれる。「生きる知恵」なんて言うとうっとうしく感じる人もいるかもだが、読むとむしろグイグイ引き込まれる。

 多かれ少なかれ、上記番組引用のような構えに自力でたどり着けているプロレスファンは多い。あえて「プロレスは真剣勝負だ」と言うとビギナーファン支持が得られるのかもなのだが、近くでそう話していた人が根拠らしきものをいろいろ探して「展開予想」していたことがあって驚いた。決まっている・決まっていない、どっちと思っているのだろう。そうじゃない、グレーゾーンの中にプロレスラーとしての主張・生き様を見つけていくのがプロレスの楽しみ方なんじゃないかと、まさにボクは思うので。

 ああそうだよなァという共感多数、かつ気づきを与えてくれる本なので、いつかカクトウログ配信でも取り上げたいと思っています。騙されたと思って読んでみて。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


[2021年9月1日発売! 表紙は、中邑真輔! 国際プロレス解散40周年対談・玉袋筋太郎×タブレット純、いま最もGLEATな男カズ・ハヤシ インタビュー、鈴木みのるのふたり言、斎藤文彦×プチ鹿島「プロレス社会学のススメ」ほか]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼