博多どんたく2日目まとめ 6・9大阪城で「オカダvs.ジェリコ」「飯伏vs.内藤」実現へ! 6・5両国でジェイ相手に棚橋が復帰

 昨年から2年連続で2DAYSとなった新日本プロレス博多どんたく大会。2日目となった4日はIWGPヘビー級戦を含む大会となった。こちらの大会を振り返ります。

・ 初防衛直後のオカダにクリス・ジェリコが宣戦布告! メッセージ動画「俺はペインメーカー(苦痛を与える男)だ」6・9大阪城対決へ – 週刊ファイト

 4日、新日本プロレス『レスリングどんたく2019』福岡国際センター大会には札止めとなる6,105人が詰めかけた。

 メインはオカダ・カズチカvs.SANADAのIWGPヘビー級戦がラインナップ。身体能力に優れた者同士の攻防は終盤、オカダのツームストンパイルドライバーとSANADAのスカルエンドの仕掛け合いに。お互いが切り返していくラリーで闘いは38分に及んだが、オカダがツームストンからのレインメーカーを決める。SANADAが沈んでオカダの防衛となったものの、オカダはSANADAを「ライバル」と認めたうえで健闘を称えた。SANADAもグータッチで呼応している。

 歓喜に浸っていたオカダだが、ビジョンではメッセージ動画が流れる。登場したのはクリス・ジェリコ! 海外団体AEWに所属しながらも“新日本にも上がることができる契約”と言われてきたが、ついに1・4東京ドーム大会以来のリターンへ。ジェリコは「俺はペインメーカー(苦痛を与える男)だ」とし、6・9大阪城ホール大会での対決をオカダに迫った。

・ 欠場中の棚橋「負けが続いていま俺はココ」勢いの下降グラフを全身で表現する自虐ネタ 6・5両国復帰宣言するもジェイ・ホワイトに襲撃される – 週刊ファイト

 セミファイナル前に花道からテーマ曲に乗って、4・6MSG大会後に欠場中の棚橋弘至が登場する。ヒゲ姿が珍しい。1年前の福岡大会を思い出したのか、「去年の5月4日、ここ福岡でみんなにもらった大声援がすごくて、8月のG1で優勝して、東京ドーム大会でIWGP王者になりました」と振り返る。しかし、「2月にベルトを取られて、負けが続いていま俺はココです」と言いながら、勢いが下降していく折れ線グラフを全身で自虐的に表現してみせた。

 マットに這いつくばってしまった棚橋に場内から驚きの声が上がるも、棚橋は立ち上がる。「6月5日、両国で復帰します。IWGPのベルトを狙います」とアピールすると、コーナーにも上った。左ヒジ手術が成功し、抜糸まで進んだという。

 すると外道を伴ったジェイ・ホワイトが花道を入ってくる。昨年の10月に棚橋に黒星を喫したままであることを棚に上げて、ジェイは「列の後ろに並べ」と棚橋を一喝。そのまま棚橋を襲撃してしまう。6・5両国での棚橋vs.ジェイが決定的となった。

 全試合結果。
・ 大会結果 濵かつ Presents レスリングどんたく 2019 福岡・福岡国際センター 2019-5-4 | 新日本プロレスリング

■新日本プロレス 濱かつpresents レスリングどんたく2019
日時:5月4日(土祝)15:00
会場:福岡国際センター 観衆6,105人(札止め=主催者発表)

<第1試合>
上村優也
●辻陽太
(7分36秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)
成田蓮
〇海野翔太

<第2試合>
TAKAみちのく
エル・デスペラード
金丸義信
鈴木みのる
〇タイチ
(11分16秒 天翔十字鳳→体固め)
田口隆祐
タイガーマスク
●トーア・ヘナーレ
YOSHI-HASHI
ジェフ・コブ

<第3試合>
●邪道
タンガ・ロア
タマ・トンガ
(7分40秒 横入り式エビ固め)
獣神サンダー・ライガー
〇矢野通
真壁刀義

<第4試合>
●ヒクレオ
チェーズ・オーエンズ
バッドラック・ファレ
ジェイ・ホワイト
(11分57秒 パルプフリクション→体固め)
本間朋晃
マイキー・ニコルス
〇ジュース・ロビンソン
後藤洋央紀

<第5試合>
〇エル・ファンタズモ
石森太二
(9分58秒 変型フェイスバスター→体固め)
●ウィル・オスプレイ
ドラゴン・リー
【ファンタズモ「ここ2年間、俺はいいヤツを演じてきたが、それはただ“フリ”をしていただけだ。いまはニュージャパンのBULLET CLUBに入った。もう“ミスター・ナイスガイ”はいない」】

<第6試合>
鷹木信悟
BUSHI
〇内藤哲也
(13分47秒 デスティーノ→片エビ固め)
SHO
●YOH
飯伏幸太
【試合後、内藤が6.9大阪城ホールでのIC王座戦を要求!飯伏の答えは……? 】
【内藤「すぐにでも、第1弾カードとして速報で流してもいいんじゃないの? 6月9日が楽しみだね」】

<棚橋弘至が登場>
欠場中の棚橋弘至が登場して6・5両国での復帰を宣言。しかし、ジェイ・ホワイトに襲撃される。
【棚橋「だいぶ、左腕が細くなってしまったけど、約1カ月ありますんで。リング上で言ったことに、ウソいつわりはないので。復帰するからには! ベルトを狙いに行きます!」】

<第7試合 スペシャルシングルマッチ>
●EVIL
(23分08秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)
〇石井智宏
【石井の控え室を訪れたタイチ「お前は挑戦権を獲得したんだよ、俺への。ほかの誰にもない。お前がいまんとこ一番権利があんだよ」】

<第8試合 IWGPヘビー級選手権試合>
●[挑戦者] SANADA
(38分03秒 レインメーカー→片エビ固め)
〇[第69代王者]オカダ・カズチカ
※オカダが初防衛に成功
【オカダ「あんなにもプロレスがダメだダメだと言われてたものが、ああいう世界的にみても有名なアリーナ(MSG)で興行を(平成最後に)成功させることができたんで、やっぱり、(令和という時代は)プロレスが好きでよかった、堂々と『俺、プロレスファンだよ』と言えるようなものに僕はしていきたい】

<ビデオメッセージ>
試合後、クリス・ジェリコから6・5大阪城ホール大会IWGPヘビー級王座挑戦のビデオメッセージ。
【「俺はオマエに苦痛を与える男だ。俺は6月9日DOMINION大阪城ホールでIWGPヘビー級王座に挑戦する」】

 サプライズが相次ぎ、随所で戦火が拡大。新日本絵巻が爆発した格好となった。写真とともに振り返りつつ、ポイント解説、少し感想も。

札止め観衆。花道側が北側。初日は2階の一部(北側全体と東西側北寄り各2ブロック程度)を暗幕で潰していたが、2日目はフル開放となった。

初日と同様に子ども連れ多し。さすがに最後の2試合は長めで子どもはグロッキーでしたが(笑)。

博多どんたくでお祭り気分。昨年に引き続き、BULLET CLUB勢が法被で登場した。ファレもいいカンジ!

ジェイ・ホワイトも涼しげな表情。

Xとして登場したエル・ファンタズモ。電飾のガウンにサングラスで登場、コーナーからバク転着地。

ロープ歩きからの場外ムーンサルトはインパクト抜群!

いきなりオスプレイを破る大デモンストレーション! アクロバティックさは申し分なさそう。新日ジュニアで成り上がるには“闘いに昇華させる”グレートが問われていく。

内藤哲也率いるロスインゴが入場。

AD

インターコンチ新王者・飯伏幸太にも大歓声。

試合後。ここのところの飯伏からの逆指名に内藤が呼応して、6・9大阪城大会でのタイトル戦が決定的に。

棚橋弘至がサプライズ登場で6・5両国復帰宣言。なぜか“ジャケットに短パン”であることが話題に。

EVILと石井智宏の真っ向勝負にドッカン、ドッカン!

SANADAが青い新コスチュームで登場。

SANADAから真田聖也への回帰か!? 逆立ちヘアがナチュラルに整い、髭も短めに。ギャップで攻めるのがズルくもある。

オカダの入場でカネの雨が降る!

SANADAが主導権を握る時間が多かった。渾身のラリーは「頭から落とすだけがプロレスじゃねぇんだよ」のひとつの完成形だ。令和での名勝負数え唄となれ!

オカダの握手要求にSANADAは「もう一丁」のポーズ。このあと握手はスカしてグータッチでコミュニケーションしてみせた。

オカダが勝利者賞の豚カツ1年分を受け取ると、金テープのバズーカ砲がシュパーン! えっ、このタイミングなの!? 驚いて振り向くオカダ。

記念撮影などをこなしていると・・・

ビジョンでクリス・ジェリコが動画メッセージ。6・9大阪ドミニオン(大阪城ホール大会)でのIWGPヘビー級挑戦を表明!

 

“苦痛を与える男”クリス・ジェリコが IWGPヘビー級王座へ挑戦表明!

 

オカダは「やってやるぜ」と迎撃宣言。オカダvs.ジェリコのビッグカードが実現へ!

「金テープのバズーカ砲はここでしょ」とばかりに振り返るが、さすがに2発目はなし(笑)。いやはや大満足な大会となりました。

 おまけ。

 博多どんたく期間と同じタイミングで、ジェリコはケニー・オメガに襲撃されていたようだ。

 

 海外団体AEWと契約しているジェリコとケニー・オメガだが、新日本プロレス公式にプロフィール写真が残っている(他のAEW契約選手は削除済み)。この2人だけ“新日本プロレスにも参戦可”という特別契約と伝えられているが、本当にジェリコ再参戦が実現することに。

* * *

 5/7 24時まで受付。同端末からは1回のみ有効。複数回投票の場合、最新回分に上書きされます。

 ビールを飲みながら喜怒哀楽をぶつけて、ベストバウトに票を投じるまでがプロレス観戦の醍醐味です。会場組も、テレビ組も、ネット観戦組も、観戦仲間とともにご参加を!

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

 

【お薦めイベント】小橋建太&竹原慎二LIVE講演が決定 人生の危機から生還したプロレス&ボクシング界の王者 5月12日(日)新宿


★new! 驚天動地!!プロレス取調室 ~さすらいのアウトロー編~ 5月25日発売!反則覚悟の爆笑裏話、オンパレード! 生粋のプロレスマニア兼ファン代表の玉袋筋太郎らによるプロレスラー豪快インタビュー集、待望のアウトロー編ついに登場


★new! さよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録 5月12日発売!デビューからスペースローン・ウルフの衝撃、闘魂三銃士結成、グレート・ムタの覚醒を経て、nWoの席巻。そして全日本プロレス社長就任、WRESTLE-1の旗揚げまで。WEBで話題を呼んだ、スポーツ報知記者による同名連載を書籍化、200ページの大幅加筆


★new! 刷新 藤原ノート 5月9日発売!御年とって70歳のプロレスラー、藤原喜明。「関節技の鬼」との異名をとるほどのレスリング・マイスターである。本書では修業時代、フロリダのカール・ゴッチ道場で習得した関節技を詳細なイラストで解説。2009年に『復刻 幻の藤原ノート』(講談社)として刊行された書籍の待望の刷新版である。藤原喜明の魅力が堪能できる1冊となっている。


KAMINOGE 89 5月7日発売!2019年4月・中邑真輔の近況 ターザン山本! KUSHIDA 黒潮“イケメン”二郎 山崎五紀 岩谷麻優 ロッシー小川 変態座談会


俺たちのプロレス(11) (双葉社スーパームック) 4月22日発売!全日本VS新日本 全面戦争の真相 外国人引き抜き合戦、馬場と猪木の〝暗闇〟……苛烈を極めた全面戦争の舞台裏を14名が明かす


証言 「橋本真也34歳 小川直也に負けたら即引退!」の真実 3月27日発売!宝島社が誇るプロレス本の人気シリーズ第5弾は、昨年末に発売され好評だった『証言1・4 橋本vs.小川 20年目の真実』に続き橋本真也がテーマ


『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


プロレス界vs.別冊宝島 スキャンダル15年戦争の全内幕 2月22日発売!専門誌が書かないマット界の裏ネタを報じた「別冊宝島」プロレス・スキャンダルシリーズの知られざる舞台裏。プロレス氷河期に花開いた「暴露本」の歴史に見る業界裏面史がここにある。選手、フロントからの抗議、恫喝、内容証明。初めて明かされる「情報源」とスクープの内幕。プロレスファンの好奇心に応え続けた15年の総集編


パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


The Legend of 2nd U.W.F. vol.6 1990.5.21N.K.ホール&6.14愛知 [DVD] 3月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第6巻。1989年の「U.W.F. MAY HISTORY 2nd」と「U.W.F. FIGHTING SQUARE NAGOYA」から、鈴木実vs田村潔司、ボブ・バックランドvs船木優治ほかを収録


The Legend of 2nd U.W.F. vol.7 1989.7.24博多&8.13横浜 [DVD] 4月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第7巻。1989年の「U.W.F. FIGHTING SQUARE HAKATA」と「U.W.F. MIDSUMMER CREATION」から、マック・ローシュvs鈴木みのる、前田日明vs安生洋二ほかを収録


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


AD


16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい