1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 【追っかけ現地レポート】イッテンゴが創った伝説は、2冠王者ではなく大ヒールだった!? ダブルドーム明けKENTA支持率急上昇
新日本プロレス

【追っかけ現地レポート】イッテンゴが創った伝説は、2冠王者ではなく大ヒールだった!? ダブルドーム明けKENTA支持率急上昇

新日本プロレス

 ダブルドーム(1・4&5)明けのイッテンロク、ここまで年始3連戦となる興行。6日の新日本プロレス大田区総合体育館大会はソールドアウトで開催された。

■ 新日本プロレス NEW YEAR DASH!!
日時:1月6日(月)18:30
会場:東京・大田区総合体育館 観衆4,078人(札止め=主催者発表)

公式サイトによる試合結果

<試合前>
獣神サンダー・ライガー引退セレモニー

<第1試合>
アレックス・コグリン
クラーク・コナーズ
〇カール・フレドリックス
(10分40秒  高角度逆片エビ固め)
●上村 優也
辻 陽太
トーア・ヘナーレ

<第2試合/4WAYタッグマッチ>
●SHO
YOH
(13分29秒 エル・エス・クレロ)
金丸 義信
〇エル・デスペラード
※もう2チームは「高橋ヒロム&BUSHI」「石森太二&エル・ファンタズモ」

<第3試合>
〇飯伏 幸太
棚橋 弘至
デビッド・フィンレー
ジュース・ロビンソン
(11分39秒 カミゴェ→片エビ固め)
●チェーズ・オーエンズ
バッドラック・ファレ
タンガ・ロア
タマ・トンガ

<第4試合>
〇鷹木 信悟
EVIL
(16分28秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)
石井 智宏
●後藤 洋央紀

<第5試合>
ロビー・イーグルス
ウィル・オスプレイ
YOSHI-HASHI
〇オカダ・カズチカ
(15分27秒 反則)
●タイチ
ランス・アーチャー
ザック・セイバーJr.
鈴木 みのる

<第6試合>
●ジェイ・ホワイト
KENTA
(13分58秒 オコーナーブリッジ)
〇SANADA
内藤 哲也

【メイン試合後のマイク】

KENTA「ジェイはな、ジェイはいま、『ここにいるヤツは全員アホだ』って言ってたよ、英語で。(※『KENTAは帰れ』コールと『レッツゴーKENTA』コールが交互に起き、そこから内藤の口調を真似て)大田区にお集まりのお客様(※場内笑&大歓声)、昨日の東京ドームは楽しんでいただけましたでしょうか!?(※と言いながら内藤を踏みつけ、大歓声とブーイングが入り乱れる) 俺はな、メチャクチャ楽しかったよ、ハハハ!(※大歓声&ブーイング) ……けっこう聞きいっちゃって、お前らいいコじゃねぇかよ(※場内笑&ブーイング)。なんかもっと言ってこいよ、オイ!? ホントは俺のこと好きなんじゃねぇのか、お前ら(※場内笑&ブーイングから『KENTAは帰れ』コールが起きると) いいねぇ。もっとちょうだい。もっともっと!(※とファンを煽る) …いや、帰んねぇから(※場内笑) お前らはホントに愚かで醜いわ。特にロス・インゴのファン。気持ちわりぃ!(※ブーイングから内藤を両脚で踏みつける) とりあえずな、俺が何が言いたいかっていうと、この2本のベルト、俺、頂いちゃうよってこと!(※と言ってマイクを捨て、内藤の顔面を蹴り飛ばす)」

 ここでKENTAは2本のベルトを持ち、不敵な笑みを浮かべる。そして、それを投げ捨てると、内藤にストンピングを見舞った。

 すると、阿部リングアナが「本日のメインイベントは13分58秒、SANADA・内藤組の勝利です」とコールし、場内にSANADAの入場曲が流れる。

 そんな中、KENTA、ジェイ、外道はウルフサインを合わせるが、直後にKENTAがマイクを掴み、「オイ、ちょっと待て! オイ、このクソみてぇな曲、止めろ、オイ。こんなクソみてぇな曲流すより、俺の曲流せ、オラ! 俺の曲流せ!」とアピール。

 これにより、今度はKENTAのテーマ曲が場内に鳴り響き、またもや大ブーイングが起きる。しかし、KENTAは満面の笑みを浮かべ、改めてジェイたちとウルフサインでキス。

【バックステージ】

外道「何か言うことがあるんじゃないのか?」
ジェイ「そうだなぁ。俺の思いでも伝えるか。何て言ったらいいのか分かんないけど。いろいろと疑問、質問を投げかけられるが、オマエらは知っておく必要がある。それは、オマエらが何を求めているか、何を欲しているかなんてどうでもいいってことだ。俺は俺のやりたいことをやる。BULLET CLUBはBULLET CLUBのやりたいことをやる。もう、一人称は“俺”じゃない。“俺たち”BULLET CLUBのつながりはより強固なものになっている。そして前にも言ったかもしれないが、俺たちには必ず新しいプランがあるんだ。今だってそうだ。常にプランはある。分かったか!」

KENTA「(※報道陣を見て)いっぱいいるなぁ、今日。ちょっと座れよ。(※と、報道陣を座らせ、自分も床にあぐらをかく)久しぶりだから座れよ。哲也ぁ! バカチンが、哲也ぁ! もっと気合い入れてこんかい、哲也ぁ! 情けない……情けない姿だなぁ、オイ! (※カメラに)昨日いた? 会場に。(※カメラうなずく) ムチャクチャ気持ちよかった、アレ! ブーブー言って大合唱してたよ! アホどもが! したいって言うからさせてやったよ、大合唱! 今日もさせてやったけど、やったらやったで小っちぇぇ声で中途半端に! はぁ!? 
(※体の向きを変えて)あとなぁ、言いたいことがあるんだけどな、今日。ちょっと長くなるぞ、今日。終電大丈夫? (※カメラうなずく)あのな、SNSの使い方! オマエら、今の時代、SNSで直接選手に文句言えるなんて、オマエらいい時代に生まれたなぁオマエらなあ! でもなぁ、見たらオッサン多い! どうなってんだ世の中! オッサン心当たりあんだろ? オマエだよオマエ! あのなぁ、ホントに情けないことになぁ、子持ちもいたぞ! 俺、調べたんだ。プロフィール見たら子持ちもいたぞ! 自分の親がそんなんだったら恥ずかしいわオイ! なぁ。二度と俺に送ってくんなよ、くだらねぇ! 二度と俺に送ってくんなよ! 送ってくんなよ! 分かったな? 『送ってくんな』っていうことは? ……まぁいいや。とりあえずよぉ。哲也ぁ! 気合い入れんかい、もっと! 
(※立ち上がりかけて、座り直す)あとな、もう一個言いたいことあんだよ。長くなるぞ今日! もう終わった話だけどな、ちょっとゴトヒロ問題だけハッキリさせてくれ! アイツの昨日のコメント見た? 俺が『命をかけて』新日本に上がってるって、アイツ毎回言ってたろ! 決めゼリフのように! 俺、言ってねぇから。『命をかけて』とは絶対に言ってない、はず! 俺、命なんて言葉を軽々しく使わない。『プロレス人生をかけて』とは言ったよ。『命をかけて』とは言ってない! 何かアイツのキラー文句みたいな感じでいっぱい使ってたから途中では言わなかったけど、俺、言ってないから。ゴトヒロ! ちゃんと記憶しろよ! (※立ち上がりながら)結局、俺が何を言いたいかっていうと……毎回毎回、そんな言いたいことなんてないってこと!」

内藤「(※足を引きずりながらインタビュースペースに現れ、一度床に寝そべると体を起こして座った状態で)東京ドーム大会のエンディング、あの注目される舞台で行動を起こす、こうして話題になっている。レスラー目線で言うとさぁ、これは素晴らしいことだと思いますよ。やっぱ、言葉や行動で示すことこそ、お客様に自分の意志を伝える一番の方法だと思いますよ。さすが、世界を経験した男。さすが、昨日東京ドームで後藤に敗れ、NEVERを落とした男。やっぱやることがちがうよねぇ~。彼は俺と遊びたいんだろ? 東京ドームのメインイベントで勝利した人間しか味わうことができない空間を、邪魔されたんだ。遊んでやるよ。だーけーどー、だけどさぁ、(※ため息)これでいいの? 一昨日・昨日、オカダ、飯伏、ジェイ、内藤、この4人で争ったんだよ。『伝説を創る』って、モニターでも流れてたよ。それだけのことをやってきたんだよ。それが、昨日後藤に負けてNEVERを落とした…いや確かに、メインイベント後に入ってくる、それは素晴らしい行動だよ。勇気のいる行動だと思うよ。でもそれをやっただけで、こんな何でもかんでも認められてしまうほど、この伝説っていうのは、ヤワな伝説だったの? もう一度言うよ。俺はKENTAと遊んでやるよ。シングルマッチ? やってやるよ。ただしこれがタイトルマッチなのかどうか、まぁそのへんはさぁ、近々発表があるんでしょ? 次のシリーズとかの発表あるんでしょ? 新日本がどういう判断を下すのかどうか、俺は楽しみに待ってるよ。この判断次第ではさぁ、やっぱり不信感が湧いてきてしまうよね。伝説を創ったこの男に、まだ嫌がらせをするのか、そして昨日、東京ドームに、大合唱を楽しみにお集まりくださったお客様を、どこまでバカにするのかねぇ。まぁさぁ、新日本プロレスの発表を、楽しみにしてるぜ。カブロン!」

 ダブルドーム2日目のメイン終了後、内藤が「デハポン大合唱」にさしかかった絶妙のタイミングで乱入したインパクトは絶大だった。試合の勝敗を左右する乱入ではなかったものの、大きな、大きな、大きな公約の阻止。さんざん待ったロスインゴファンも、夢は(2冠奪取の方の)半分が叶ったからまあいいかという心境ではなかろうか。ここでやらなくてもという声、NEVERベルトを落としたばっかりなのになぜとの声も多数。それでいて、次のストーリーをつくるための絶妙なところを突いた。

 Twitterでは「KENTA」がリアルタイムツイートランキング1位になったんだという。当たり前のようにKENTAは6日、ダブルドームで2冠を争ったジェイ・ホワイトよりも“後”に入場してくる。

 ドームでも見られた指揮棒振り回ししぐさによるブーイングへの呼応。『KENTAは帰れ』『レッツゴーKENTA』交互チャントに合わせてのダンス、イス攻撃で内藤をKOしてからの“内藤風”マイク、退場口でのひざまずいての投げキッス。ブーイングが大発生する一方で・・・みんな笑ってる、しっかり受けてる。ついつい見てしまうだろ!!

 イッテンゴが創った伝説は、2冠王者ではなく大ヒールだった!? もっと見たくなる存在に大化け。パフォーマンスの精度を上げて劇場化したKENTAの支持率が急上昇だ。もちろんコダワリを持って見ているほど「ついていけない」というくらいが当然。そういうファンも多数いる。どっちに傾き、どう転がるか。ボクは「この特異過ぎるジャンルは、時にはファンを鷲掴みにし、時にはファンを突き放す。離れられなくなったファン、離れてしまうファン、両方を生んだであろうダブルドーム」と総括したが、展開というのはナマモノである。

 大きなムーブメントは必ず異物感から生まれる。オカダ・カズチカによる棚橋イジリ、内藤のトランキーロムーブ。「こんなの絶対に認めない」というくらいのものが、トップへのカウンターとして支持を集め始める。何より、大きくなっていく過程を追うことは楽しい。プロレスとは常にマンネリからの脱却でもある。

 KENTAにベットした新日本には恐れ入りましたとしか言いようがないし、試合内容中心に追随しようとするノアや全日本を別アプローチで突き放すかのようだ。バックステージも文字を追っているだけで楽しいKENTA劇場。観客やTwitterのいじりかたがギリギリ過ぎるところもまた、振り切っている。

 KENTAは次の2冠戦へのワンポイントリリーフなのか、それとも中長期的な動きになっていく!? ジェイの「俺たちには必ず新しいプランがある」という言葉も不気味である。

 なお、内藤が目の病気を6日発売分の東スポで明かしている。

 「ここ半年の不調(リング上でのめまいがすることも)、見えなさ具合と比べたら全然見える。不安はなくなりました」ということなので、いったん安心してよさそうだ。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年9月4日発売!アポロ菅原 西村知美 玉袋筋太郎「新倉史裕」変態座談会 長州力 黒部三奈 鈴木みのるのふたり言 宇野薫×青木真也 斎藤文彦×プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』 ターザン山本!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼