1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. 中邑真輔が来日「滾りまくっている」当日券は13時発売/直前情報まとめ
NOAH

中邑真輔が来日「滾りまくっている」当日券は13時発売/直前情報まとめ

NOAH

460

 いよいよ元日決戦に向けて中邑真輔が来日となり、30日に記者会見が行われた。大会直前情報をまとめる。
(インタビュー記事はノア公式によるまとめ)

入場はバイオリン生演奏。イッテンヨンは中邑「声をかけられておりません、残念ながら(笑)」

武藤敬司選手

「武藤敬司の言葉として、まずSHINSUKE NAKAMURA、アメリカのタイトなスケジュールの中、1月1日 日本武道館に来日して試合をしてくれてありがとう。俺が思うに、グレート・ムタもSHINSUKE NAKAMURAも時代は違えど共に新日本プロレス、ストロングスタイルで育ち、そこを飛び出して大海に出て荒波にもまれて培ったこの世界観、今回の戦いはこの世界観と世界観のぶつかり合い。たぶん他のレスラー達では描けないようなアート、芸術的な最高の戦いになる予感がします。グレート・ムタ、生まれて三十数年経ちますが、過去にはアントニオ猪木、ハルク・ホーガン、スティング、フレアー(リック・フレアー)スティーブ・オースティン(ストーン・コールド・スティーブ・オースティン)、そうそうたる世界のトップと戦ってきました。その歴史のページに新たにこのSHINSUKE NAKAMURAの名前が刻まれることを非常に喜んでおります。当日、武藤敬司からグレート・ムタに発破をかけておきますのでよろしくお願いいたします」

SHINSUKE NAKAMURA選手

「まず最初に武藤選手、プロレスリング・ノア、そしてこの試合を実現可能にしてくれたWWEに感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。そして今、武藤選手がおっしゃった言葉の一つ一つがこれ以上ない誉れというか。いまだ自分の中では夢の中にいるようです。このありえない状況というか、2022年、この激闘の時代に決定しそして2023年1月1日、元日に実現するという。いまだに震えています、滾っています、マジで。だから何だろうな、楽しみだけじゃないんですけどこの神懸った状況、味わい尽くしたいなっていう気持ちが今非常に高ぶっています」

【質疑応答】

 

——武藤選手に伺います。代理人としてではありますが、改めてSHINSUKE NAKAMURA選手を前にして気持ちの高ぶりというものはありますでしょうか。

 

武藤敬司選手

「もちろんありますけど、今ちょっとみたらジャケットにグレート・ムタの刺繍みたいなのがあって。これ俺の、グレート・ムタの断りもなく刺繍しているから…ちょっとロイヤリティが発生するんじゃないかと思っています」

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「個人的な趣味です(笑)」

 

——(SHINSUKE NAKAMURA選手のジャケットについて)ご自身でおつくりになられたのでしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「そうですね。この世紀の、奇跡の一戦を祝うために特別なものとしてあつらえました」

 

——今回の一戦はGHCヘビー級王座戦の後の大トリとして行われますが、この試合順についてはどう感じていらっしゃいますでしょうか。

 

武藤敬司選手

「だいたい人の集中力っていうのは2時間~3時間がピークかな、なんて思っているなか今回11試合あるよね。本当はもう少し早いところで試合したかったんですけど、まぁ最近のNOAHの試合で日本武道館がフルハウスになったところを俺は見た事がなくて。明後日の日本武道館はほぼフルハウスになる予定ですので、ある意味グレート・ムタとSHINSUKE NAKAMURAのこの商品価値?俺の口から本当はこんなこと言いたくないんだけど、GHCのチャンピオンベルトより上かなと。ただ今回はきっとNOAHのファンじゃなく一見さんのファンも大勢観に来るはずなんですよ。だからNOAHの選手たちは素晴らしい試合をしてその人たちのハートを掴んで。全員がリピーターになればまた同じように(満員に)なるわけだから。ある意味、NOAHの選手達にも期待しています」

 

——武藤選手が“世界観と世界観のぶつかり合い”になるとおっしゃっていましたが、SHINSUKE NAKAMURA選手の見解はいかがでしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「まず、第一に一度は引退時代の相手として候補に挙げてもらったことに対して非常に驚きと感激を致しまして、このカードの実現に向けて尽力させて頂いたのがあるのですが、世界観の戦い…なんだろう、それもある。でも僕の中では世界観の融合も起こればいいなとは思っていますね。かつ、自分の中にやっぱりリングに上がっていったん触れてしまえば、そこから何が変化して、何を感じるか。そして何が生まれるかっていう部分が、非常に陳腐な言い方ですが楽しみです。まぁある意味恐怖でもありますけど、ワクワクだとかどうしてもそういう感情が止まらないですね」

 

——魔界に入りこもうとか、自分の世界に引き込もうなどではなく、その時の歓声を大事にしていこうという事でしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「そうですね。今までもそうでしたし、だからこそ全身全霊むき出しで1日の試合に臨みたいと思いますね」

 

——SHINSUKE NAKAMURA選手はWWEの時と同じようにバイオリンの生演奏があるという事ですが、グレート・ムタ選手は何かスペシャルな入場などはあるのでしょうか。

 

武藤敬司選手

「いやたぶん…俺はまだ聞いてないですね。たぶんないですね。普通通りに。もしかしたらスモークとかはあるかもしれないけど、今回入場はSHINSUKE NAKAMURAに譲りますよ」

 

——SHINSUKE NAKAMURA選手のWWEでの活躍について武藤選手はどう感じていましたか。

 

武藤敬司選手

「気にしようとはしてなかったんだけど、必然的に映像とか情報として入ってきたりして、気にせざるを得なかったというのが実情ですね」

 

——SHINSUKE NAKAMURA選手と言えば初めて日本人としてロイヤルランブルを制したり様々なベルトを獲得していますが、武藤選手の中でSHINSUKE NAKAMURA選手の活躍で一番印象に残っているのはどういったことでしょうか。

 

武藤敬司選手

「確かコロナになる前かな?俺もニューヨークに行って新日本プロレスのリングに出たとき、彼はレッスルマニアに出ていたんだよね。しかもその前の年は(レッスルマニアの)メインかなんかでやってるよね。なかなかレッスルマニアのメインは普通のレスラーじゃできないよ。その辺は素晴らしいと感じました」

 

AD

——当初は引退試合の相手として名前が挙がったというお話でしたが、SHINSUKE NAKAMURA選手を引退試合の相手に一度想定したというのはどういうお気持ちだったのでしょうか。

 

武藤敬司選手

「率直にWWEに行って、さっき言ったようにレッスルマニアでメインに出た商品価値。東京ドームを2月21日にやるという事はもう決まっていたので、それを集客するにはふさわしいレスラーじゃないかなと思って。オファーもしたと思います」

 

——SHINSUKE NAKAMURA選手にとって武藤敬司選手というのはどういう存在でしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「僕はこのプロレス界、一歩足を踏み入れたときからファンであった気持ちは封印してですね、武藤選手にしても蝶野選手にしても、自分がファンとして見ていた先輩達すべてに対して競争相手であるという意識で尖がって接してきましたね。武藤敬司選手とは過去IWGPを懸けて2回戦っていますがその時は大きな壁となって立ちはだかられ、自分としては目の上のたんこぶ、ほろ苦い経験をさせてもらってきました。ただ今回、自分が戦うのはグレート・ムタですが、武藤選手に引退試合の相手として名を挙げてもらえた、そして武藤敬司がリングを降りてしまう、グレート・ムタが魔界に帰ってしまうと。この状況の中ではどうしても自分の本物の感情をさらけ出さずにはいられないです。やっぱり僕の中では中高生の頃、グレート・ムタは僕のアイドルでした。大好きでした。その相手と時代は違えど肩を並べることができてリングで対戦することができるという。なんだろうな…言葉では本当に言い表せないんですけど、この実現に至る経緯も全て神懸っているなと。だからもうすでに感情が滾りまくっているというか、そんな感じです」

 

——SHINSUKE NAKAMURA選手は元日に試合をするという事、しかも日本で試合をするという事についてはどう感じていますでしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「日本で試合をすること自体が待ち望んでいたというところなんですけど、コロナもあって約3年以上になるんでしょうか?日本で試合をすることができなかった。あとはWWEの興行として日本に帰ってくることは何度かありましたが、今回はそれまでとの全く違う状況での試合。かつ特別なもの。奇跡的に実現に至った。しかも日本で、日本武道館で、元日に。これ以上の特別感はないなと誇りに思います」

武藤敬司選手

「ところで皆さん気にしているんだけど、1月4日東京ドームの新日本、行くの?」

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「その予定はありません」

 

武藤敬司選手

「ないの?」

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「何も声をかけられておりません、残念ながら(笑)」

 

——グレート・ムタとの一戦がNOAHで実現するという事が、見ている側として不思議な感覚なのですがSHINSUKE NAKAMURA選手はどう感じていますでしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「グレート・ムタの代理人である武藤選手はNOAHの所属ではないんですかね?」

 

——そうです。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「全てにおいてこの試合は奇跡としか言っていないからそれ以上のボキャブラリーが無くて申し訳ないんですけど、あり得ないことが起こった、という事に全て総括されるんじゃないですかね」

 

——奇跡というお話がありましたが、WWE側の状況もというのもあったと思います。仮に1年前にこういったお話があった場合実現していない、という事でしょか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「実現していないです。実際に三度目の正直と言いますか、いろんなことがありましたので」

 

——SHINSUKE NAKAMURA選手としては今年キャリア20年という事で、その最後の締めくくりにこのような試合があることについてはどう感じていますでしょうか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「意識してなかったですね。自分が20年やっているっていう事も意識していなかったです。まぁでも本当に何か見えない力に背中を押してもらっている感はあります」

 

——今回のグレート・ムタとの対戦が決まったことについて、他のWWEのスーパースターの皆さんの反応はいかがでしたか。

 

SHINSUKE NAKAMURA選手

「みんな信じてなかったです。だからSNSにあげられたこの写真(対戦カード画像)、これいつやったやつ?って聞かれたんですよ。昔やったんでしょ?って言われて。いや、違うんだよ、これ1月にやるんだよって言ったらみんなアゴ外れそうになっていましたね。あとはファミリーとしてプロレスを続けている選手なんかもグレート・ムタを、WCW時代、NWA時代観て育ったという事で、物凄く興奮していたりして。レスラーじゃなくても設営に携わっているスタッフの方とか照明の方とかも。やっぱり凄いことが起こったんだなって。普段声はかけてくれるんですけど、プロレスの話をしない方でもそこまで反応がありました」

 

——今のお話を聞いて武藤選手はどう感じたでしょうか。

 

武藤敬司選手

「いやもう昔苦労して頑張った成果というか。辞める前にそういう事を言葉として聞けてうれしいですね。レスラー冥利に尽きますよ」

 

——今年はアントニオ猪木さんがお亡くなりになられたり、武藤選手が引退を決断したりなど、本当に時代の転換期だと思いますが、この一戦でSHINSUKE NAKAMURA選手に時代を託す、などの気持ちはありますでしょうか。

 

武藤敬司選手

「うーん、時代を託すとかちょっとおこがましいからさ。やっぱりSHINSUKEが言っていた通り、そんなに重苦しく試合はしたくないね。やっぱり楽しみたいよ。こっちが楽しまなかったらきっと観ている人も楽しくないだろうなと思って。そんな気持ちで試合します」

当日券は13:00発売開始 アリーナに続いて「2階スタンド」も完売

【当日券は13:00発売開始】
チケット料金(前売・当日共通)
▼アリーナS 20,000円 ※売切
▼アリーナA 12,000円 ※売切
▼1階スタンド席(イープラスでの取り扱い、機材見切れエリアになります。注意事項にご同意の上ご購入下さい)10,000円 
▼2階スタンドS席(イープラスでの販売は機材見切れエリアになります。注意事項にご同意の上ご購入下さい) 8,000円 
▼2階スタンドA席 5,000円 ※売切
★未就学児は保護者様の膝上にて無料です。(大人1名につきお子様1名)

■前売券販売は下記の通りとなります。
 イープラス    12月30日(金)20時まで
 ローソンチケット 12月30日(金)23時59分まで
 チケットぴあ   12月31日(土)12時00分まで
 チケットペイ   12月31日(土)12時00分まで

■電子チケット限定直前販売をイープラス電子チケット「スマチケ」にて行います。
(こちらでの販売は1階スタンド見切席、2階スタンドS見切席になります。お取扱数には限りがございますのでご了承ください)
 URLはこちら → https://eplus.jp/sf/word/0000001320
 販売期間 12月31日(土)12時~1月1日(日)17時00分まで

対戦カード 「ムタvs.中邑」「清宮vs.拳王」がダブルメインイベント

■ ノア ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023
日時:1月1日(日祝)16:00 ※15:00開場
会場:東京・日本武道館
ABEMA生放送
WRESTLE UNIVERSE(英語実況)生配信

<第11試合 ダブルメインイベントII・スペシャルシングルマッチ>
グレート・ムタ vs.SHINSUKE NAKAMURA

<第10試合 ダブルメインイベントI・GHCヘビー級選手権>
(王者)清宮海斗 vs.拳王(挑戦者)
※第41代王者の3度目の防衛戦となります。

<第9試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>
(王者)YO-HEY Kzy vs.小川良成 Eita(挑戦者)
※第54代王者組の初防衛戦となります。

<第8試合・GHCタッグ選手権>
(王者)杉浦貴 小島聡 vs.丸藤正道 KENTA(挑戦者)
※第62代王者組の3度目の防衛戦となります。

<第7試合・GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)AMAKUSA vs.宮脇純太(挑戦者)
※第52代王者の初防衛戦となります。

<第6試合・シングルマッチ>
ティモシー・サッチャー vs.ジャック・モリス

<第5試合・8人タッグマッチ>
船木誠勝 中嶋勝彦 征矢学 大原はじめ vs.X 藤田和之 ケンドー・カシン NOSAWA論外

<第4試合・6人タッグマッチ>
イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr. 小峠篤司 吉岡世起 vs.望月マサアキ 望月ススム 望月ジュニア

<第3試合・6人タッグマッチ>
ニンジャ・マック ダンテ・レオン アレハンドロ vs.近藤修司 タダスケ Hi69

<第2試合・6人タッグマッチ>
マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 vs.モハメド ヨネ 齋藤彰俊 谷口周平

<第1試合・シングルマッチ>
矢野安崇 vs.小澤大嗣




このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑(週プロ)
[格闘技▶RIZIN
[応援📢高山善廣大谷晋二郎木村花

柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2023年2月1日発売! 「人生で起こるすべてが奇跡の物語となる。」今号の表紙は、今年ついにボクシングデビューが期待される神童・那須川天心。巻頭は現役最後となる武藤敬司のロングインタビュー]



[2023年1月18日発売! 2023年2月21日、伝説のレスラーがリングを去る。1984年に新日本プロレスでデビュー以来、抜群の運動神経とプロレスセンスで平成プロレスを牽引、数々の名勝負を残した武藤敬司が東京ドームで最後の試合を行う。「天才」と称された武藤プロレスの神髄と知られざる素顔を船木誠勝、川田利明、諏訪魔など12人が語り尽くす]



[2023年1月25日発売! 2022年10月、79歳の生涯を閉じたアントニオ猪木。本書は1960年の大木金太郎とのデビュー戦から1998年、ドン・フライとの引退試合、2000年のエキシビションマッチまで、40年に及ぶ全試合約4000の勝敗を網羅し、名勝負解説、ワザ図鑑、名言、カルトエピソードなど収録。【A5判・416ページ】]



[2022年12月1日発売! 収録人数1000人越え。ファン必携のデータ集!プロレスラーカラー選手名鑑2023]



[2022年11月24日発売! アントニオ猪木 最強の美学 The Pride of Strong Style Number傑作記事で振り返る アントニオ猪木 1987-2022]



[2022年11月5日発売! 「猪木は死んだが、あの人への想いと記憶だけは生かさせてくれ。」表紙及び特集は、アントニオ猪木。藤波辰爾、長州力、佐山サトル、中邑真輔、南川雅代(みなみかわの嫁)インタビュー。玉袋筋太郎の変態座談会は、「追悼・アントニオ猪木」連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー五郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、古泉知彦、坂本一弘、椎名基樹、マッスル坂井、ターザン山本!、大井洋一、伊藤健一(敬称略)]



[2022年3月30日発売! “闘魂”を50年撮り続けた写真家の記憶と記録 【アントニオ猪木推薦】元気ですかーッ!元気があれば何でも出来る、僻地も、危険も、顧みず、素晴らしい写真を撮ってくれました!その一瞬一瞬が人生の宝になる!]



[2022年9月16日発売! 権威を破壊したアントニオ猪木と権威を追求したジャイアント馬場。新日本プロレスと全日本プロレスの存亡をかけた1792~1988年の〝リアルファイト〟を再検証]



[2022年11月18日発売! 〝燃える闘魂″ アントニオ猪木 (G SPIRITS ARCHIVES vol.3) [回想]藤波辰爾/新間寿×初代タイガーマスク[再録インタビュー集]猪木の声が聞きたい――。[検証]世界一格闘技決定戦]



[2022年10月13日発売! アントニオ猪木 追悼号 闘魂永遠 ▶闘魂ヒストリー 1943⇒2022 ▶闘魂の語り部たち 藤波辰爾 前田日明 蝶野正洋 ▶闘魂核心 猪木を読み解く出来事の真相 ▶俺たちの闘魂 担当記者の思い出コラム ▶闘魂生涯ラストメッセージ 最後のYouTubeで語った言葉再録]



[アントニオ猪木の闘魂マフラータオル/信頼のブランド、今治製タオルで肌触り抜群/金色刺繍のサインが入ってプレミアム感たっぷり/ギフトBOX入りなので、贈り物にも最適です]



[2022年12月1日発売! アントニオ猪木が築き上げた昭和プロレスを追いかけ続けた本誌の「燃える闘魂追悼号」がここに――。縁の人々が語る珠玉のインタビューを多数掲載(再録を含む)。また、猪木自身が語った師・力道山、1・4ドーム興行、ローラン・ボック戦にまつわる3本の生前インタビューもアンコール掲載]



[2022年10月27日発売! 試合映像や選手のインタビュー、雑誌・書籍などから65の喧嘩マッチを考察、その舞台裏に迫る! 特別編として、北原光騎氏、齋藤彰俊選手、鈴木秀樹選手のインタビューを掲載。 当事者から見た喧嘩マッチを聞いた]



[2022年10月24日発売! 闘魂三銃士、それぞれの道/新日本を襲った総合格闘技の波/”暗黒時代”からの逆襲/菅林直樹・新日本プロレス会長に聞く「新日本はなぜV字回復を遂げたのか」/新日本プロレス00’sクロニクル]



[2022年11月2日発売! 天龍が50年超の力士・プロレスラー人生を振り返って、実際に戦ったからこそわかる“真に強かった男”を、その対戦エピソードとともに初めて明らかにした、プロレス・格闘ファン垂涎の一冊]



[2022年12月23日発売! 1984年に新日本プロレスに入団して以来、アメリカ、全日本プロレス、WRESTLE-1、NOAHと、39年間常にトップレスラーとしてファンを魅了し、国内外の幅広い層に愛された、“プロレスリングマスター”武藤敬司の初のBlu-rayBOX!]



[2023年1月20日発売! ファン待望のグレート・ムタBlu-rayBOXがなんと8枚組で発売決定!新日本プロレス時代のテレビ朝日に保管されている膨大な試合映像の中から、ファンに語り継がれる伝説の試合やレアな試合を厳選収録!武藤敬司がムタのエピソード語る、新撮インタビューを収録!]



[2023年6月30日発売! ファン待望の武藤敬司引退ロード全試合をノーカット収録で発売決定!]



[2022年7月14日発売! アントニオ猪木が語る、50年の闘魂への思い。オカダ×坂口、棚橋×藤波、武藤×髙田などなど豪華ビッグ対談9本を掲載!]



[2022年1月17発売! プロレス入り前は、もともとアイドルだったという中野たむ。なぜ、彼女はアイドルからプロレスという真逆の世界に足を踏み入れたのか。そこに至るまでにはどのような葛藤があったのか。その真意が初めて綴られる]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2022年6月17日発売! 髙田延彦の壮大なるレスラー人生・・・その原点ともなった「新日本プロレス時代の戦い」に注目。テレビ朝日に現存するその貴重な試合映像の数々を髙田本人の新撮インタビューを交え収録]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]

レポートbyカクトウログ

> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼