1. HOME
  2. プロレス周辺
  3. ブシロード
  4. ブシロードで昼夜イッテンヨン スターダムTDCホール→新日本ドーム
ブシロード

ブシロードで昼夜イッテンヨン スターダムTDCホール→新日本ドーム

ブシロード

745

 10日、 都内・飛行船シアターにて新日本プロレスとスターダムが合同戦略発表会を開催した。選手では、棚橋弘至、マスター・ワト、海野翔太、岩谷麻優、ジュリア、なつぽいが登壇している。新日本パートでのコメント言い回しは公式サイトに合わせてあります。
会見画像🄫新日本プロレス 🄫STARDOM

新日本プロレス・STARDOM 合同戦略発表会 2023 – YouTube

 

スターダム発表パート 原田社長「来年の5★STAR GPは(日程を)凝縮して」

・スターダム売上推移。
2023年度は売上15億円を達成

・スターダムがタイ&シンガポール進出。
10月21、22日@タイ
11月24~26日@シンガポール
いずれもブシロードエキスポ内で開催

・スターダム年間来場者数は好調に推移。
2023年は11万人見込み、過去最高

・スターダムYoutube登録者数が急上昇。
もうすぐ100万人
登録者の地域はインド、インドネシアなどアジア諸国が上位

・年内日程のおさらい
原田克彦社長とジュリアの間でやりとり。

ジュリア「スターダム、いま欠場者がめちゃめちゃ多いんですけれども」

開幕戦で負傷:
 上谷沙弥
リーグ戦途中欠場:
 林下詩美、スターライト・キッド
リーグ戦終了後に欠場:
 なつぽい

原田「ジュリア選手も記事で・・・これはどうなんだっていうのが」

ジュリア「読みましたか」

原田「怪我が多くて欠場者を出してしまっていることについては本当にお詫びしたいと思っております。今回の5★STAR GP、日程的にどうでした?」

ジュリア「スパンがこう、2か月間どうなんでしょうね。その間にタイトルマッチやドリームタッグとか。(リーグ戦だけじゃない)いろんなものがありましたよね。みなさんNetflixとか見ます? ドラマとかイッキ見したくないですか。その方がグッと見られるというか、そういうのと近いのかなと思って。なので(メディアの取材)記事でも言ったんですけど、私はもっと短い、1か月なら1か月で(リーグ戦をやって)、終わってからタイトル戦だとかテーマのある大会が開かれたほうがたぶんみなさんも見やすいですし、選手も集中しやすいですし、カラダの負担っていうのも変わってくるんじゃないのかな…というのが選手たちの意見ですね(会場拍手)」

原田「そうですね、選手たちの声も届いてますし、ファンの方々のある意味苦言的なものも認識しているつもりです。いま来年の日程を絶賛決定中でございますけれども、そちらの方は来年の夏の5★STAR GPはいまジュリア選手の言われたようにちょっと凝縮して、1か月、もしくは1か月半くらいでやっていきたいと計画を立てているところですので、ここはしっかりと運営側もやっていきたいと思っております」

ジュリア「おおー」

原田「それによって選手たちの健康と安全、こちらの方をを守っていきたいと思っております。ファンのみなさまもご理解をしていただければと思います」

木谷「僕からもいいですか。期間が長すぎるプラス、試合数をこなしている人とこなしていない人の差があって3試合くらい差があるから、優勝の予想がしづらいんですよ。こなしている試合が少ない人はどこかでバババッてやるわけじゃないですか。そこでシングル連戦になっちゃう。集中的に疲れがたまるだろうし。新日のG1(クライマックス)みたいに同じペースでやっていくようにした方が予想もしやすいし選手のペース配分も、みんなが同じペースでやるわけだから整えるのも同じ条件ということになるんで、その方がいいかなと。僕的には本当に予想がしづらい」

ジュリア「どうしてもコンディションに差が出てきてしまうなというのはあったんですけれども・・・でも!! 改善してもらえるということですよね」

原田「そうですね」

ジュリア「ありがとうございます、社長!!」(会場拍手)

原田「引き続き選手みなさんの健康と安全に留意しながら」

・スターダム1月4日の新春開催決定!
スターダムの”イッテンヨン”はTDCホール!
2024年1月4日TDCホール開催決定!
昼はスターダム、夜は新日本プロレス東京ドーム!
メインイベントは・・IWGP女子選手権試合

・47都道府県を完全制覇!(2024年予定!)
残すは・・大分、宮崎、沖縄!

・2024年4月27日(土) 横浜BUNTAI 開催決定!
『ALLSTAR GRAND QUEENDOM 2024』
同会場開業の初めてのプロレス興行はスターダム!
※前・横浜文化体育館

・映画『家出レスラー』2024年5月全国公開予定!
岩谷麻優の半生が映画化!!

・スターダムのラジオ番組がスタート!
2023年12月4日(月)OA開始
『家出レスラー Presents 岩谷麻優のSTARDOM RADIO!!』
ニッポン放送 毎週月曜日20:00~20:30

・2024年元日もスターダムが12時間ジャック!
『ブシロード Presents あけましてスターダム2024!またまた新春12時間SP』
2024年1月1日22時 TOKYO MX、Youtube

新日本発表パート 辻陽太「この新日本をアジアに定着させ、広めるために」

・これまでの振り返り。
前期の売上は過去最高売上の98%まで到達
「会場外」幅が広がる

木谷「コロナ期間中に、経営サイドもテクニックで稼げるようになった。ワールドの会員が増えたりとか、ご負担をかけているかもしれないがPPVを導入したり、選手の協力もあってネット通販サービス、YouTubeチャンネルを次々立ち上げてくれたり、TV出演も地道に多い。スポンサーもかなり増えるなど、経営力で過去最高近辺まで来た。
ただ、経営サイドも工夫すべきところはある。選手のがんばりにもっともっと応えたい。プロ野球なんかも毎年毎年、どうやったらお客さんに楽しんでもらえるか、いろいろな球場を改装したり、凄く企業努力している。周りのインフラをどんどん整えている。新日本プロレスも軸の部分、経営テクニックの部分はいいと思うけど、リングの中にもっといい影響を与えるような、外側の部分をもっともっと整備したい。これは我々の課題」

・さらなる次世代に関して。
練習生も多数鍛錬中

・2024年、北海道ツアーが復活!
時期等詳細は追ってご報告

・海外での展開。
アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア地区に続いて、いよいよ次なる海外での展開。アジア地域への本格進出として、2024年に台北での興行が開催決定

(会場座席から)辻陽太「アジアは世界の全体の人口の60パーセントを占めている。そこに手をつけていく、今回の台北進出も期待ができること。そこで一つ、俺が聞きたいのは、木谷オーナー。この新日本プロレスをアジアに定着させ、広めるために何が必要だと思いますか?」

木谷「以前、新日本プロレスワールドは4割くらいが海外のお客さんだった。コロナ禍でかなり減ったけど、とはいえまだアメリカには万単位のお客さんがいる。アメリカ事業はトータルで見たら黒字。日本が圧倒的に会員数が多くて、二番目はアメリカ、三番目はイギリス、それ以下だとグッと下がって、アジアの国々はずっと低い。たぶんプロレスはもともとアングロサクソンの方が好きなスポーツだと思う。これをどうやってアジアに広げていくか? 日本とメキシコ以外は、アングロサクソンの国でしか流行っていない。(これを開拓するには)やっぱり現地でリアルで観せた方が熱が伝わってくる。もう一回、直に見せることから始めようと。アジア興行自体は、トントンか、ちょい赤字くらいでも、リアルで見た人が『やっぱり1.4に行ってみよう』と日本に来てくれれば、トータルでプラスになる。現に以前は、一説には7000人くらい外国人の方が1.4に来てくれた時期もある。しかもアジアの方が近いですから、もっともっと日本に観に来てくれる可能性がある」

・唐津市とのコラボ第2章、GRAND FINAL。
2024年1月7日(日)~1月8日(月・祝)に『KING OF チートDAYS! 絶品爆食ツアー IN 真冬の唐津』と題したツアーが決定

合同発表パート 日程・会場未発表ながら合同興行『Historic X-Over 2』開催

・新日本プロレスxスターダム合同興行
2024年に『Historic X-Over 2』開催決定!
※日時、会場は未発表

・アジア太平洋プロレス連盟を発足!
Asian Pacific Pro-Wrestling Alliance

木谷「ここにロゴがある(PUZZLE、DFW、SETUP、GRAPPLEMAX、新日本プロレス、スターダム)団体の代表者たちはすでに賛同を表明してくれてます。
ただ、あまり期待しちゃダメです。ボクもシンガポールにいた時、現地のプロレスを何度も見に行ったんですけど、まだまだレベルは高くないですし、選手の身体は小さいですし。ただ、やっぱりいろんな国には大きい人もいるし、身体能力が高い人もいるはずなんですね。
これから時間はかかもしれませんが、しっかりと新日本プロレス、スターダムが中心となって、アジアのプロレスを振興させていきたいなという風に考えております」

(合同戦略発表会からの展望)アジアを米英に次ぐ柱に/ほしい国内の打ち手

 戦略としての方向性として強調されたのは、アジアを米英に次ぐ柱にしていくための複数アプローチだ。木谷高明オーナーが持論を展開し、辻陽太のアシスト質問もあった。それでいて、ファンとしては海外というと米英あるいはメキシコなどを思い浮かべがちで、ピンとこなかったのが本音だろう。そこに「ただ、(アジア太平洋プロレス連盟に)あまり期待しちゃダメです。ボクもシンガポールにいた時、現地のプロレスを何度も見に行ったんですけど、まだまだレベルは高くないですし…」という木谷オーナーの正直発言も重なった。

 イッテンヨンというとスターダムの参戦形態が話題となってきたが、2024年は何と同日興行(ハシゴ可能)。これは両団体をまたがって観戦する遠征組には朗報だろう。スターダムとしては内容・集客が問われていくことになるが、東京ドームの隣り・TDCホールでのスターダム年始興行はサプライズ発表となった。

 加えて大張高己社長から『レッスルキングダム・ウィーク』という言葉も出たが、イッテンヨン以外の具体的な決定事項がなかった。ここはファンの年始予定調整もおおいに絡むところであり、追っての発表が待たれる。

 全体として国内の打ち手をもっと打ち出してほしかった感がある。新日本の北海道ツアーや合同興行も日程・会場などの具体がなかった。認識しているのか、木谷オーナーからは「新日本プロレスも軸の部分、経営テクニックの部分はいいと思うけど、リングの中にもっといい影響を与えるような、外側の部分をもっともっと整備したい。これは我々の課題」とのフォロー発言も。

 そのぶん国内、スターダムのリーグ戦日程問題はホットでもあり、ジュリアの思い、原田社長のガイドもあって観客も含めての盛り上がりをみせていた。


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATMARIGOLD
[総合格闘技▶RIZIN

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 総合格闘技ジム トライスタージム日本館

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


KAMINOGE149 単行本 – 2024/5/5 ペールワンズ (編集)

真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)

前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼