1. HOME
  2. メディア情報
  3. FIGHTING TV サムライ
  4. 三銃士は名乗らず「リングで受け継ぐ」 海野翔太が蝶野正洋の前で誓い
FIGHTING TV サムライ

三銃士は名乗らず「リングで受け継ぐ」 海野翔太が蝶野正洋の前で誓い

FIGHTING TV サムライ

643

 5日、「FIGHTING TV サムライ 開局27周年記念イベント」として『サムライTVファン感謝祭 2023』東京ドームシティ内プリズムホール大会が開催された。大会中盤に行われた「蝶野正洋vs.海野翔太」トークバトルの様子をお届けする。

大会結果はこちら。

海野 (オスプレイ戦には)こみあげるものがあって。5年後、10年後にそういうことを言えれば

■FIGHTING TV サムライ 開局27周年記念イベント
サムライTVファン感謝祭 2023
~プロレスを未来につなごう NOW and Future~
日時:11月5日(日)17:00
場所:東京ドームシティ内プリズムホール 観衆327人(満員)

<未来につなぐ〜スペシャルトークバトル②>
蝶野正洋vs.海野翔太(新日本プロレス)
司会:元井美貴キャスター

元井 海野選手は昨日大阪でウィル・オスプレイ選手との試合(新日本プロレス11・4エディオンアリーナ大阪)、40分を超える素晴らしい試合となりました。昨日も(蝶野殺法である)STFを使われていましたね。

海野 はい。

蝶野 みなさん、昨日の試合見てるの?(会場拍手) あ、素晴らしい。40分、誰と?

海野 ウィル・オスプレイです。

蝶野 勝った?

海野 負けました。

蝶野 負けたっ。それは知らなかったわ。

元井 あと少しというところで。

蝶野 オスプレイ選手が苦手?

海野 いや…やっぱり強いですね。

蝶野 イギリス(武者修行)長かったんだよね。何年行ってたんだっけ?

海野 3年です。

蝶野 オスプレイ選手とは何回も試合やってた。

海野 やってました。

蝶野 じゃあもう少しか。

元井 もう少しです。試合の後には涙を浮かべる場面もありましたね。

海野 はい、ちょっと言えないですけどこみあげるものが個人的にはあって。5年後、10年後にそういうことを言えればなぁっていう。

元井 試合を終えて。ジョン・モクスリー選手もセコンドで。

海野 昨日の今日なんで。やっぱ悔しかったですね。勝ったらここにもベルトをもって来れてますし。

蝶野 そりゃ悔しいね。

海野 悔しいですね。

元井 ダメージがあってこちらに来れるかなと。

海野 元気ですよ。

元井 お二人の接点について。海野選手は蝶野選手のことを小さいころからご存じでしたか? 

海野 そうですね、小さいころから面識はあったみたいなんですけども、やっぱり覚えてなくて、父親(レッドシューズ海野レフェリー)から「お前、会ったことあるよ」みたいな。思い返すとG1の祝勝会だったり。僕自身は覚えてなくて。

蝶野 いつからプロレスに興味を。

海野 興味は小学5年生ですね。父親の20周年興行(20周年特別興行〜喜びも悲しみも3カウント〜 2008年8月26日(火) 後楽園ホール)がきっかけで、武藤(敬司)さんと棚橋(弘至)さんの翌年の東京ドームを見て、プロレスを好きになりましたね。

蝶野 お父さんの20周年って後楽園?

海野 後楽園です。

蝶野 そのときリング上がってる?

海野 上がってないです。

蝶野 兄弟は何人なの?

海野 上です。

蝶野 お兄ちゃんがいるんだ。プロレスは?

海野 まったく。

蝶野 海野レフェリーとは夜の師弟関係。2人でだいたい“マッチメイク”してね

蝶野 お父さんの方とはずーっと仕事を一緒にやってましたから、お父さんは他団体との交渉であったりとか、現場でレフェリーとして選手をまとめてくれていたというのがオモテのつきあいですから。それでウラのつきあいがあるんですけどね。

元井 気になりますね。

海野 聞かなかったことにします(笑)。

蝶野 夜の師弟関係ですから、われわれは。

元井 夜の師弟関係(笑)。初めて聞きました。

海野 カットカット(笑)。

元井 もう生中継されてるんで。

蝶野 札幌、大阪、名古屋、福岡とか。

海野 あまり広げないでもらって大丈夫ですか(笑)。

蝶野 (毅然と)われわれは夜のつきあいというものもありますから。もうそこらへんの“ブッキング”ね。選手を集めるとか。どこどこに行くとかはもう、海野レフェリーと私の2人でだいたい“マッチメイク”してね(会場笑い)。

元井 貴重なお話が…。

蝶野 これが大切なのよ、海野君。試合に勝とうが負けようがね、選手はリングから一歩降りたら、そこから夜の営業というのがありますから(会場笑い)。そこでいかにビジネスを広げていくか。(毅然と)これもプロの世界ですからね。

海野 ノーコメントでお願いします(笑)。

元井 次の話題に移った方が。

海野 お願いします。

蝶野 (ニヤリ)

海野 閃いたんですよね。ここでSTFを使ったら面白いんじゃないかなぁって

元井 お二人が急接近するきっかけのひとつとなりましたのが、今年の1月4日、東京ドームで武藤敬司選手の新日本プロレスラストマッチ。武藤選手、棚橋選手、海野選手組vs.内藤(哲也)選手、SANADA選手、BUSHI選手組がありました。この試合で蝶野選手が解説をされていたんですよね。

蝶野 ですよね。

海野 そのときにSTFを初めて海野選手が出されて。

蝶野 新日本はもう少し、OBの最後、武藤さんの最後をもう少し接待してやってもよかったんじゃないかなぁという思いがありましたよ。ジジイはあんまりジジイ扱いしてなくて、もう若い選手のペースで試合が進められてると。そういうイメージがありました。その中で、自分が解説席にいたからだと思うんですけど、STFを見せてもらって、ちゃんとこういう気づかいがあるのかなって(そこには安心できたと)いう。はい。

元井 どのような気持ちでSTFを。

海野 STF自体は別に海外遠征とかヤングライオンのときも使ってこなかったんですけど、武藤さん蝶野さん闘魂三銃士がいらっしゃって、閃いたんですよね。ここでSTFを使ったら面白いんじゃないかなぁって。解説席の蝶野さんに指さしてSTFを使わせていただいて。

蝶野 さいきん解説席に行くと絡まれるんですよ。海野君も指さしてSTF。たぶんあのとき武藤さんも指さしてなんかやってた。そしたらそのあとの2月の東京ドームで「蝶野、俺と闘え」とかわけのわからないこと言われるし。

海野 リングに上がられましたもんね。

蝶野 解説席、怖いですもん最近。

海野 絡まれがち。

蝶野 みんな俺が動けないのわかってるから。

元井 ファンのみなさんは嬉しいですよね。蝶野選手のいろんな姿が見られて(会場は拍手)。

蝶野 海野君もSTFを出したときサイン出したから、もしかしたら絡んでくるんじゃないかと、そっちの心配の方が。解説入るの怖いです(笑)。

元井 今年のG1に初参戦されるということで、蝶野選手のYouTubeで対談をする形で直伝をされましたね。


 

海野 STFというのを伸ばしたい、質を上げたいという気持ちで蝶野選手に教えていただいたんですけども、みなさんYouTube見ていただけましたか?(会場は拍手)

蝶野 自分でオリジナルの技への入り方を(教える前に)つくってるんだもん。あっちの方がいいなぁと思って。次教えてもらおうと思って。

海野 いやいやいやいや(笑)。

蝶野 技っていろんな入り方とか使い方とかあるんだけども、ある程度定番の形になると選手もわかるじゃない。だから入り方ってみんな工夫してる。でも難しい入り方してたよね。一緒に連れてきた若手、誰だっけ?

海野 大岩(陵平)。

蝶野 大岩君がもうね、アタフタしてた。

元井 う~~~んって逃げてましたもんね。でも蝶野選手もヒザの角度であったり、いろいろと指導されてましたね。

蝶野 してたっけ?

海野 してました、してました(笑)。やっぱりそうですね、ヒザの角度だったり、入り方のレパートリーだったり、自分の中で貴重な時間でしたね。

蝶野 あっち(海野流の入り方)の方がかっこいいよ。海外遠征で日本に帰る直前に(バージニア州)ノーフォークのルー・テーズさんのところに寄って、ルー・テーズさんだからバックドロップとか何かを習って帰ろうかと思ったら、スープレックス系は俺があまり得意じゃないってことで、けっきょくスパーリングばっかりやってたんですよ。で、(伝授という話になる)技らしい技がなくて、スパーリングやってるときにSTFみたいな固め技をやられて「これ何ですか」って聞いて「これは試合の途中で相手を固めるときに使う技なんだ」ということで。ものすごく地味なわけ。だけど、なんかひとつくらい、おみやげがほしいからっていうので、そのSTFっていうのを自分で持ち帰って、最初でも誰も相手してくれなかった(話題にしてくれなかった)ですよね。地味な技だし、相手の顔が(蝶野の手で)隠れちゃうじゃない? 表情が見えないから。評判悪かった。フィニッシュにもっていく技ではなかったからね。でも技って組み立て方、使い方で、どんな技でもフィニッシュに持っていけるからね。

蝶野 『闘魂三銃士』の名前の話になったとき長州さんが「かなわないと思った」と

元井 いまや蝶野選手の代名詞のような技になってますもんね。そのSTFを引っ提げてG1に初参戦されましたが、参戦していかがでしたか。

海野 (少し考えて)もう結果がすべてだったなぁって…悔しい夏だった…ですね。

元井 2勝3敗2引き分けということで。G1に先立ちまして話題になっていたのが『令和闘魂三銃士』という名前ですけれども。これは今年6月に新日本プロレスが突如として海野翔太選手、成田連選手、辻陽太選手を『令和闘魂三銃士』と命名することが発表されましたが、みなさん括られたくないという気持ちをおっしゃってますけれども、海野選手はどのように感じましたか?

海野 興味ないですね。やっぱり武藤さんの新日本ラストマッチだったり、蝶野さんから直伝されたSTFだったり、『闘魂三銃士』っていう部分はこれからの新日本のリングでも受け継いで闘っていきたいとは思いますけど、わざわざ『令和闘魂三銃士』と名乗ってやりたくはないですね。

元井 蝶野選手は『闘魂三銃士』と初めていわれたときはどのようなお気持ちでしたか?

蝶野 迷惑でしたよね(会場笑い)。「闘魂」っていうのはわれわれのちょっと上の世代ね、長州(力)さん前田(日明)さんら、ここはその看板を受け継ぐことに鎬(しのぎ)を削っていた。特に俺と武藤さんはそういう意識は全然なかったんで、ただ橋本(真也)選手は「闘魂」という看板は引き継ぎたかった…という感じだったんで。特に自分は付き人もやってましたから、(実感していたこととして)猪木さんだったり新日本だったり、看板を背負うイコール、会社であったりファンであったり業界を背負う役割というのは俺にはちょっと荷が重過ぎるっていう意味で、めんどくさかったですね。

元井 いい面もありましたか?

蝶野 『闘魂三銃士』ってプランニングがされたのは1試合だけだと思うんですよ。そのあと『闘魂三銃士』で何かを、というプランはなくて、業界でそのような見方をされるだけで、本当に有明(海外武者修行から凱旋帰国した3人が1988年7月29日、有明コロシアムのメインイベントに登場)に帰ってきた1試合だけで、ただ『闘魂三銃士』ってされることで3人を見比べてくれる…誰かがベルトを獲って誰かが怪我してて休んでる、『闘魂三銃士』が頑張っているという見方で。なんていうんですかね、完全に同期ですから、同じ日に入門してるんで。そういう比べられ方っていうのはあとあと、橋本選手も亡くなって、われわれも引退(正確には蝶野はリタイア状態)してという状況で、今になってありがたいなっていうふうになってますね。

元井 令和の時代に『闘魂三銃士』というブランドが立ち上げられたことについては?

蝶野 選手たちはやっぱりめんどくさいと思いますよね。選手としては一商品として自己プロデュースを心がけてますから、猪木さんも亡くなりましたから、いまオーナーの…。

元井 木谷さん。

蝶野 で、ブシロードか。『ブシロード三銃士』とかだったらお金がいっぱいもらえそうじゃない(会場笑い)。

元井 『ブシロード三銃士』!? どうですか?

海野 いや~~~(苦笑)。

蝶野 オーナーの名前とか、看板を上につけられるというのは、会社の推しがあるというか、バックがあるような。だから俺、長州さんに一回『闘魂三銃士』の話をしたときに「『闘魂三銃士』の名前がバッと出たときにかなわないと思った」らしいんですよ。会社の推しですよね。どの会社でも選手には推してくれる時期があって、ただそこから先は本当にびっくりするくらいね(自走しなければいけない)。本当に最初の1~2年くらいだよ。あとはもう次の新しい選手を推すっていうね。それがこの興行界だから、そのチャンスを生かさなきゃいけないというかね。そこから落ちる人もいるけど、いかにチャンスを掴むか。

海野 うまく使うってわけじゃないですけど、『令和闘魂三銃士』って名前も今は毛嫌いしてますけど、30年後とかに「そういうのあったね」とかでいいのかなと今、思ってますね。

元井 さきほどトークに出た清宮海斗選手は三種の神器。武藤さんからドラゴンスクリュー、足4の字、シャイニングウィザードを伝授されていますよね。STF以外にも直伝されたいというものは海野選手にありますか?

海野 それは特になくて、清宮さんと武藤さんみたいな師弟関係ではなくて僕はただSTFのレベルを上げたいがために蝶野さんに直接ご指導を受けに行っただけだったんで、ほかの技っていうこだわりは特にないですね。

蝶野 なんだ…俺、伝授したかったのがあったのに。

海野 え~~~ッ。それはいただきたいですね(笑)。

元井 何でしょう?

蝶野 金的(会場笑い)。金的も難しいんだよ。ちゃんとねタマの大きさに合わせて俺はやってるからね。

元井 いろんな技術が必要なんですね。

蝶野 相手に合わせてね。

海野 蝶野さん、のちほど控室でお世話になります。

元井 BULLET CLUBクラブが悪いことをしてますから、もしかしたらそんな場面も必要かもしれませんが、このあとぜひ。

海野 裏でちょっと。

海野 (蝶野がG1初優勝した27歳になる)来年がキー。飛躍の年にしたいですね

(引き上げる際の海野のしぐさにリスペクトが見える)

元井 サムライTVは1996年の開局から今年で27周年になりますが、蝶野さんは27歳のころにG1で初優勝されているんですよね。

蝶野 はい、その年に結婚もしてます。

元井 すごく節目になった年ですね。

蝶野 これが…?

元井 1996年に開局で、そのころは蝶野選手は33歳でいらっしゃいました。

蝶野 もう27年? …の開局のイベント? 中途半端ですよね。

元井 (笑)未来に向けて、30周年に向けてと。

蝶野 向けてね、わかりました。

元井 海野選手は来年27歳を迎えられますね。

海野 来年がキーかもしれないですね。

元井 G1をSTFで優勝というように、もしかしたらつながるかもしれませんね。

海野 飛躍の年にしたいですね。

元井 蝶野選手が海野選手に期待する、こんなプロレスをしてほしいというものはありますか。

蝶野 みんなプロレスを見て勇気をもらって自分の仕事であったり生活であったり、そういったものを肥やしにしてますから、元気な姿でプロレスをやってもらってね。レスラーもね、さっきバックヤードにいた人相の悪い村上君とか言うんだったけ?

元井 村上和成選手ですか?

蝶野 ああいう人は女性ファンは引っ張れない(笑)。いい男がたくさん女の子を呼んで。そしたらオジサンたちもついてくるから。そういうカタチで…女性を呼べるレスラーってなかなか少ないから。ただそれは同性の男に対しても男をちゃんと見せると。両方を期待したいですね。

海野 しっかり頑張りたいと思いますけれども、やっぱりプロレスっていうのは無限の力があると思ってて。今の所属は新日本プロレスですけど、新日本プロレスだけじゃなくて他団体も、全部のプロレスっていうものの力を合わせて、このプロレス界を引っ張っていきたいという思いがあるので、今の蝶野さんの言葉もしっかり秘めて、これから先の未来を引っ張っていきたいと思います。

トークバトル直前には、前の時間帯の登壇の2者(武藤敬司、清宮海斗)を交えた4ショット。

前の時間帯のトークバトルはこちら。


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATMARIGOLD
[総合格闘技▶RIZIN

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 総合格闘技ジム トライスタージム日本館

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


KAMINOGE149 単行本 – 2024/5/5 ペールワンズ (編集)

真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)

前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼