1. HOME
  2. 格闘技
  3. RINGS
  4. 前田「じゃあお前ら最初から確信犯だったんじゃん!」 鈴木浩充著『ありがとうU.W.F.』を読了して一刀両断【週刊 前田日明】
RINGS

前田「じゃあお前ら最初から確信犯だったんじゃん!」 鈴木浩充著『ありがとうU.W.F.』を読了して一刀両断【週刊 前田日明】

RINGS, 前田日明, 格闘技

15

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第201回のラインナップ▼前田「じゃあお前ら最初から確信犯だったんじゃん!」 鈴木浩充著『ありがとうU.W.F.』を読了して一刀両断総合格闘技イメージが低下した中でネットワーク構築から再出発! 「FFC」との提携意図について前田が語る・・・

              * * *

 情報をキャッチしていながら、最新1週間(月曜から土曜まで)で取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、1週間で取り上げた前田関連記事、主要記事リンクも再集約しておくことにします。
(週刊前田日明バックナンバー →「週刊前田日明」参照)

 この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない!
 理想はそこですが、どうなるか。

※不定期連載となっています。

▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

前田「じゃあお前ら最初から確信犯だったんじゃん!」 鈴木浩充著『ありがとうU.W.F.』を読了して一刀両断

 UWF回顧ブームと騒がれた2017年から年を越えて、2018年7月10日。第2次UWFで専務取締役を務めていた鈴木浩充氏が『ありがとうU.W.F. 母さちに贈る』を自費出版した。Amazon限定販売となり、店頭は限られた店舗のみでしか扱われていない。
・ ファンのための最良の手段は、家族にとって最良にあらず 鈴木浩充氏が沈黙破り『ありがとうU.W.F. 母さちに贈る』を自費出版 プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ


▼new! ありがとうU.W.F. 母さちに贈る 【7月10日発売!鈴木 浩充 (著)  社会現象とまで言われた第2次UWFのフロントを神新二代表取締役社長とともに率いた鈴木浩充専務取締役。解散とともにプロレス界と縁を切ったが、27年半の沈黙を破る。自ら経験したことだけを書き下ろしたドキュメンタリーストーリー】

 7月30日のニコ生『月刊リングス』7月号に前田日明が出演。KAMINOGE井上崇宏さん、原タコヤキ君さんが相手を務める中、同書に対しての前田の見解がヒートした。

AD

『ありがとうUWF』? 読んだ、読んだ、発売して2~3日で。なんか(UWF解散から約)30年も黙ってて何を書いてるかと思ったら『俺は確信犯でした』って話で終わりなんだよね。田村(潔司)が当時、興行の後にちゃんと(大会収支を)説明会してたと? その(会で配布された)ペーパーを持ってたと? あれは全然違う話で、俺が『なんで(経理説明を)やらないの、なんでやらないの』ってぎゃんぎゃん騒ぎ始めて、アイバさんたちを入れる直前だか直後だか忘れたけど、あいつら〇〇(聞き取れないが「説明会」?)やったんだよ。『じゃあ全選手集めろ』ってやったときの紙だよ。それを『第1回の大会の頃からやってましたって証拠になる』って・・・お前歳とってボケてるだけだろ。

UWFの何が問題かっていうのは、俺はね、株式とかどうとかっていうのは選手は全くわかんないんですよ。だけど、この団体は前田・高田(延彦)・山崎(一夫)・神・鈴木5人で頑張ってつくった会社だから、権利は5等分しような、会社の実務はお前たちにまかせるよ、俺らはリングを守るよ、でも権利は5等分だよ。わかったな? わかりました。しばらくして「神、株式どうなってんだよ」「ちゃんとやってます」「見してよ」「はい」「見してよ」「はい」「見してよ」「はい」、、、それで1年経ち、2年経ち。どうなってんだ? 蓋開けたらあいつら独占してるじゃん。

(同書内での鈴木氏の主張。株式会社は神氏と鈴木氏の五分五分、有限会社は前田・高田・山崎の3選手、株式会社と有限会社で対等な関係をつくることを旗揚げ時に話し合いで決めた。3選手が引退した際に運営に携わりたい場合は順次株を5分の1ずつ持つようにするように決めた、としている)

俺、株っていうの、聞くまでわかんなかったんだよ。トヨタやソニーじゃあるまいし、UWFになんで株があるかわかんなかった。その権利を50%以上持ってるやつが「お前は首だ」って言ったら(言われた方は)首になる。自分が会社の資産半分俺のもんだって持っていっても誰も文句を言わないんだよって。それ聞いて「だったら違うじゃん、権利5等分じゃないじゃん」。なんで俺らがお前らの金儲けのためにやとわれなアカンの。何をやったの。

いろんなこと書いてあったよ、新日本との会議のときは神も付いていってって・・・神なんか付いてきたこともないし、付いて来ても誰も相手にしない。で、1000万円自分ら借金してきて株式会社創立して、それからどうやって回収したか知ってる? ずっと俺に『金ない金ない』って、あのころ取材だなんだって引っ張り回されたんだよ。そのたび『お金ないからお願いします』って。あいつらが取ってきたCMでもない。外からやって来たんだよ、糸井(重里)さんたちがやってくれた。『じゃあ半分とっていいよ』。当時俺、2000万くらい、最後4000万くらい、CMのギャラ。2000万だったら1000万、4000万だったら2000万じゃん。それで1000万の借金なんかあっという間に返せる、そうでしょ。誰のお金で回収して自分らの株式とか言ってるの? ふざけろよって。

それで有限会社を選手のアレにして、株式を俺らに? 記憶があるんが、業務提携時代に税制上の問題があって有限会社をつくらなあかんと。神と俺との会話で「どうすんの有限会社」「なんか税金上の対策に利用できそうだから置いときましょう」って言った会話しか覚えてないよ、俺。有限会社は選手のもんで、株式は俺たちのもんで・・・なんで株式はお前たちのもんなんだと。ぜんぶ5等分でしょう?って。有限もあるんだったら有限も株式も全部5等分でしょって。

なおかつね、株式に入る利益も有限に入る利益もあって全体で数字が5等分になっているならまだしも、全部株式に集中させて、神が5で鈴木が4で残りを返してもらったんだよ(※すみません、発言から意図が十分に汲み取れず)。鈴木の本によると神と鈴木は50%ずつだったと。じゃあお前ら最初から確信犯だったんじゃん! なんで俺らがお前らに雇われるために身体張ってアンドレやニールセンとやらないけないの。

(前田の引退試合に鈴木氏が?)来た来た、神の手紙持ってきたよ。俺持ってるよ、だから探したら出てくるよ。(鈴木氏は“ご苦労様でした”との意図でしたためた色紙を渡したとしており、神氏からの詫び状を持参したとの通説を否定。ただし、後日に神氏が送っていたとしたらそれはわからないとした)

なんかさ、都合のいいじゃんけんをやろうとするのはいいんだけど、読んで堂々とさ、確信犯でもともとあの会社は自分たちのもんでした、自分たちの会社のお金を取って何が悪いんだ、そうじゃないでしょと、5等分しようって言ったのを勝手に独占して、勝手に何に使っているのかわかんなくて、マンションの投資とかしてて(ここでマンション投資の担当者が自己破産などして迷惑をかけられた話)。そういう人を絡めて鈴木は、選手を、俺をはめようとしてるだけじゃないの?

なんか30年かけて最高の後出しじゃんけんしようと思ったのはいいんだけど、今更ね、30年くらい前のをよせばいいのに、自分の都合よく調子よくこねくり回して、やめなよ、みっともないから。ホント、けったくそ悪いよ。鈴木は本の中でおっきく出過ぎだよ。そんなにおっきく出ると股裂けるぞ、ホントに。

UWFっていうのはマザーの福田さん(マザーエンタープライズの福田信さん)が応援してやるから前田の異種格闘技戦、年に何回かやらないか?っていう話から始まったんだよ。書き方とか内容とか巧妙なんだよね。こいつを味方につけよう、あいつは敵にならないようこういう風に話を持っていこうって。計算しつくされてるんだよ、あの本って。すごいいやらしいね。当時の鈴木があの本の通りだとしたら、とんでもないやましい詐欺師だね。ほんとにあの通りなら。でもそうは見えなかったけどね。

 鈴木氏の著書を一刀両断した格好となったが、株5等分についての話がメインとなった。「前田が主張する神氏とのやりとり」と「旗揚げ時に話し合いで決めたとする鈴木氏の理解」に隔たりがある。前田としては神社長に伝えたことが会社として実施されていないことを問題視しており、鈴木氏としては旗揚げ時話し合い結果とは違う話の不履行を責められても困るといったところだろうか。

 もちろん鈴木氏は、少なくともUWF晩年に前田が株5等分を出張していたことは知っている。鈴木氏は同書の中で「出資もしていないのに5等分を出張されるのはおかしい」としていたが、出資をカバーする売上は前田の収入から入れてたでしょ?というのが前田の意図。このあたりお互いの主張も論拠も異なる。

 同書でのいちばんの根幹は“解散直前に報道された神氏・鈴木氏への横領疑惑の否定”であった。鈴木氏が繰り返していたのは「横領を指摘したいなら具体的な事実を」ということ。この点については、前田は具体的な何かを指摘したわけではないが、株5等分での対立を話題にすることで“利益を不当に集中させていただろ”と言いたげなことは明らか。

 とにかく「確信犯だったんじゃん!」というまとめを口にする感性が実に前田らしい(鈴木氏は『俺は確信犯でした』と書いているわけではない)。この言葉を鈴木氏が聞いたとしたら、「正当性を“確信”してやっていましたが、“犯”呼ばわりされるものはありません」といったところになりそう。前田の主張が改めて確認できた番組となったが、団体を運営していくうえでの両サイドの関係性が破綻していたことが改めて浮き彫りになったとも言えた。

 

▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

総合格闘技イメージが低下した中でネットワーク構築から再出発! 「FFC」との提携意図について前田が語る

 前田の新団体構想はカジノグループ後援「FFC」との提携から段階的にスタート。
・ ネットワーク再構築へ! 前田日明新団体構想はカジノグループ後援「FFC」との提携から段階的にスタート【週刊 前田日明】 プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ

 7月30日のニコ生『月刊リングス』7月号で、前田はこの意図についても言及している。

日本の総合格闘技界がスケールがちっちゃくなりすぎて海外から置いてきぼりにされてるんですよ。チャンピオンクラスは1試合100万ドル以上だからね。日本でプライムタイム放映権料7~8000万円です。K-1とかPRIDEとか視聴率取れても1億3千万円いくのかな。それにチケット収入があっても、じゃあ100万ドルの選手何人呼べるの? とはいっても日本ではPRIDEのこと(コンプライアンス問題)もあって総合格闘技のイメージはズタズタ。長期戦略としてネットワークを広げるしかないんかなと。海外からうまくお金を引っ張ってっていう方向しかないんかなと。

 現実的にそうするしかないが、時間がかかり過ぎるアプローチ。それでも手掛けるのは、前田ならではの格闘技への愛情であり責任感となる。どこまでのものをつくっていけるか、前田の手腕に引き続き期待したい。

 

 【週刊 前田日明】はここまで。
 今週も前田日明を追いかけます!

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> Rings — リングス公式サイト – RINGS OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD