1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 尾張名古屋は目で殺す 内藤哲也「そろそろ返してもらおうか」の説得力
新日本プロレス

尾張名古屋は目で殺す 内藤哲也「そろそろ返してもらおうか」の説得力

新日本プロレス

 25日、新日本プロレス名古屋大会が開催された。この日は全日本プロレス後楽園観戦をチョイスしたため、新日本は26日に追っかけ視聴。

バッドエンドはいつまで続く!? 有観客以降オールEVIL無法ファイト

 大会結果のおさらい。

SENGOKU LORD in NAGOYA ? 愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)  2020/7/25 | 新日本プロレスリング

■新日本プロレス SENGOKU LORD in NAGOYA
日時:7月25日(土)18:00
会場:愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)観衆2,200人(札止め=主催者発表)

<第1試合>
〇石森太二
(8分2秒 Yes Lock)
●上村優也

<第2試合>
●ゲイブリエル・キッド
辻陽太
矢野通
石井智宏
(10分25秒 ジャーマンスープレックスホールド)
田口隆祐
小島聡
本間朋晃
〇真壁刀義

<第3試合>
BUSHI
〇SANADA
内藤哲也
(10分31秒 Skull End)
●SHO
YOSHI-HASHI
後藤洋央紀

<第4試合>
●DOUKI
金丸義信
鈴木みのる
ザック・セイバーJr.
タイチ
(12分55秒 カミゴェ→片エビ固め)
マスター・ワト
天山広吉
永田裕志
〇飯伏幸太
棚橋弘至

<第5試合>
●高橋裕二郎
(13分43秒 変形コブラクラッチ)
〇オカダ・カズチカ

<第6試合/NEVER無差別級選手権試合>
[挑戦者] ●エル・デスペラード
(17分03秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)
〇鷹木信悟
[第29代王者] ※鷹木が3度目の防衛に成功

<第7試合/IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合>
[挑戦者] ●高橋ヒロム
(33分57秒 EVIL→片エビ固め)
〇EVIL
[第71代IWGPヘビー級&第25代IWGPインターコンチネンタル王者] ※EVILが初防衛に成功

 ニュージャパンカップから続く「介入、反則殺法からのEVIL勝利」。名古屋決戦も例外ではなかった。

 新日本プロレス25日愛知県体育館大会で、IWGPヘビー&インターコンチネンタル2冠王者のEVILが、IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム(30)の挑戦を退け、両王座の初防衛に成功した。

 衝撃のバレットクラブ(BC)加入と2冠奪取からわずか2週間後の愛知決戦で、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン時代の盟友であり、長年切磋琢磨してきたヒロムを迎え撃った。王者が強烈な投げ捨てジャーマンを連発すれば、挑戦者は掟破りのEVIL(変形大外刈り)を繰り出すなど、互いを深く知る両雄は一歩も譲らない。

 試合が動いたのは30分過ぎだ。ジュニア王者必殺のTIME BOMBをカウント2で返したEVILは、直後のTIME BOMBⅡまで浴びて万事休す…。かと思われたが、ここでBCのセコンド・ディック東郷(50)が場外からレフェリーの足を引っ張り3カウントを阻止。試合に介入して主導権を強奪する。

 2対1の状況下でEVILが急所攻撃、東郷がワイヤーロープによるチョーク攻撃を加えてヒロムを虫の息に。最後はダークネスフォールズから必殺のEVILを決め大乱戦に終止符を打った。

(東スポ)

 バッドエンドはいつまで続く!? 有観客以降オールEVIL無法ファイトで7・25名古屋まで4大会連続。この記事を書いている時点の7・26後楽園においてもバレットクラブ勝利が続いたという点で、5大会連続となった。

 7・25名古屋のEVILvs.ヒロムに話を戻すと、これは間違いなく両者のポテンシャルが発揮された一戦だった。いきなりヒロムが場外戦を仕掛けたが、作戦通りに事が運べば階級差はひっくり返すことも十分可能。ニュージャパンカップで石井智宏を仕留めたタイムボムからのタイムボム2にも成功する。セコンド介入により勝利はならなかったが、ヘビー戦線でも渡り合える引き出しをヒロムは見せつけた。一方のEVILによるヒロム首攻めに容赦なし。もっとネチネチ系かと思ったが、圧巻ジャーマンの連発が印象に残った。

SNSで批判集中 試合終盤の正々堂々とはほど遠いマット上の展開

 とはいえ、SNS上では名古屋決戦の展開に批判が集中。特に試合終盤の正々堂々とはほど遠いマット上の展開に、新日本プロレスへの失望感が漂った。バレットクラブへの反発ではなく、新日本サイドに突き付けるファンが多いことが話題となっている。

 これは多くのファンが想定したことでもあっただろう。

 バレットクラブという“敵”をビッグな存在にした上で倒す。そういうエンターテインメントとしての流れの途中にあることを多くのファンは理解している。どういった“悪のバリエーション”が出るかを楽しんでもいる。実際に、介入劇へのディック東郷の絡みの多くが新鮮でもあった。

AD

 異を唱えることが大人げないなんて言うつもりもない。だけれども、新日本サイドは見届けている。王道中の王道であるプロレスとしての頂点を極める史上初ダブルタイトル戦をやったとしても1・4で4万人、1・5で3万人に「とどまった」ダブルドーム。一方で、1・5ドームKENTA乱入というキワモノからの流れで満員となった2・9大阪城ホール。

 ソーシャルディスタンスでファンがまだまだ観戦を控える中で、早々に7・25名古屋決戦がソールドアウトになったことも意外ではあった。大阪城2連戦の初日(7・11)はソールドアウトにならなかったばかりだし、名古屋の集客はけっして鉄板ではない。

 そんな中で、新生EVILが悪を貫くという新機軸を目の当たりにしたかったファンも多くいた。ボクの周りでもEVILの新アクションを嬉々として楽しんでいるファンがいたりもする。

名古屋決戦の全てを持っていくインパクト 内藤哲也の目がギラつく

 ヒロムがEVILの前に力尽きると、あの男が駆けつける。

試合後、石森がリングインすると、グロッキー状態のヒロムへブラディークロスをお見舞いし、IWGPジュニアヘビー級王座のベルトを掲げ、ベルト殴打を狙う。
このピンチに内藤がリングに駆けつけると、EVILとバチバチの視殺戦を展開。

そして、マイクを握った内藤は、「最近よく“正義”って言葉を使ってるようだけど、正義って言ってみたり、ダークネスって言ってみたり、もしかしてEVIL、迷ってるの?」とEVILを挑発。

続けて、内藤は「そんなEVILに2本のベルトは荷が重た過ぎるだろ? ベルトのレンタル期間は終了だ。その2本のベルト、そろそろ返してもらおうか?」とリマッチ要求。

この発言に2冠王者のEVILは「笑わせんなよ、コノヤロー。返り討ちにしてやる!」と報復を宣言し、睨み合う両者。

(新日本公式)

 名古屋決戦の全てを持っていくくらいのインパクトあり。内藤哲也の「目」である。

 大阪城2連戦初日でもメイン後に内藤は登場したが、「ロスインゴ対決を歓迎する」という流れこそあったにせよ、実に気楽な雰囲気で登場したことにガッカリしたものだ(当記事のアイコン写真はそのときのもの)。それが、名古屋決戦での目のギラつきである(ぜひ映像で再チェックしていただきたい)。

 「迷ってるの?」のくだりはパッとしないが、殺すような目で放たれた「2本のベルトは荷が重た過ぎるだろ?」「そろそろ返してもらおうか?」が秀逸すぎる。

 プロレスファンであるならば、ロスインゴ内紛の延長上の発言だけなのだろうかと考えてみるのはどうだろう。

 EVILとヒロムが繰り広げた試合と結末。それを認めたからこその「ロスインゴ内紛のボルテージは俺が引き継ぐぜ」という意味での「重た過ぎるだろ?」「返してもらおうか?」なのか。

 それとも、「お前らがやるから介入劇以上の厚みをファンに感じさせられないんだ」という意味での「重た過ぎるだろ?」「返してもらおうか?」なのか。

 正確な意図はけっして明かされることがないのに、感情の高ぶりには説得力を感じずにはいられなかった。その高まりは間違いなく、ファンや関係者の問いかけと同期していく。

 よく言われることだが、SNSでは極端な意見が露出してしまうものである。かつて内藤が『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「勝った負けた、そんな小さいことで俺らこのプロレスしてないですよ」なる言葉を投げかけた。現在のファン心境のサイレントマジョリティは「乱入した・しなかった、そんな小さいことで俺らこのプロレス観てないですよ」なのではないかと思う。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年10月4日発売! 中村獅童 ザ・グレート・歌舞伎!! 長州力×五木田智央 山本康一郎×堀鉄平 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島 西村知美 田村潔司 安藤達也 玉袋筋太郎「新倉史祐」変態座談会 中邑真輔



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について