1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 柴田勝頼
  4. 柴田勝頼が42歳バースデー オカダ戦2017年4月9日からの4年半を刮目せよ
柴田勝頼

柴田勝頼が42歳バースデー オカダ戦2017年4月9日からの4年半を刮目せよ

柴田勝頼

 あの日、オカダ・カズチカとのIWGPヘビー級戦に敗れ、救急搬送されたザ・レスラー。そのまま長期欠場に突入したものの、リハビリを兼ねつつのロサンゼルス道場ヘッドコーチとしての活躍は周知のとおりだ。2017年4月9日から4年半。

 きょう2021年11月17日、42歳になった柴田勝頼を発信したい(当サイトで以前にエントリー済みの“3年間”記事に残り1年半を追記)。ボクらは柴田と一緒に歩み続ける。

2017年「生きてます! 以上!」

4月9日の両国国技館大会でのオカダ・カズチカ戦直後に倒れ、救急搬送された柴田勝頼。早急かつ適切な処置があり血腫の量も少なかったとされたものの、「硬膜下血腫」との診断で5時間超の緊急手術を受ける。この際に外した一部の頭蓋骨は、5月2日の再手術において戻された。抜糸を経て5月下旬に退院、眼の状態が良くないため強い電流を流して脳と眼に刺激を与える特殊な治療を開始した。

長期欠場が濃厚となった柴田は、オカダにメッセージ。「ケガのことは気にするな。常にそういうものだと思って試合をしているから。何も後悔していない。ちゃんと生きているから大丈夫。お前も頑張れ」。4月末に菅野洋介トレーナーを通じて連絡があったことを、のちにオカダがメディアからの取材の中で明かしている。

6月の日記では、自身の症状名が「同名半盲」であることを明かす。両眼ともに右半分が見えていない。聞いた方が絶望的になるということで、この症状をファンに伝えることを柴田は避けていた。あえて明かしたのは、治ることが難しいと医者に言われているにもかかわらず若干の視界の広がりを得たからだという。7月には頭や顔の腫れもひいてきたことから「人と会って話をする、飯を食う」機会も。8月に入ると、電気治療のここまでの取り組みから「リハビリと治療の段階がもう一段階上がった」と報告した。

G1クライマックス最終日が近づいた8月10日、柴田は会場でのファンへの挨拶を会社に申し入れる。8・13両国大会で大シバタコールに男泣きしつ、「生きてます! 以上!」と絶叫マイク。登場自体で『百聞は一見にしかず』とばかりに奇跡的な回復ぶりをファンに示唆した。バックステージではカメラのフラッシュにはまぶしそうにしたものの、「また、シッカリしたかたちで会えるようにがんばります」とリハビリ継続を約束。電気治療に加えて、両国登場明けからは高気圧酸素治療(医療用の酸素カプセル)をスタートする。

両国登場からさらに4か月後の12月11日・福岡大会、柴田はサイン会に登場した。長蛇の列をなしたファンに対応し、「何よりも自分自身がたくさんのエネルギーを頂きました」と振り返る。ストレスや副作用の関係で約2か月半休んでいた治療の再開の方向を日記に記した。1年を総括した際に、オカダ戦後の手術での生存率について「術後、実際のところ助かる確率が18%以下だったと聞かされました」と告白しつつ、根気と長い時間を必要とするリハビリ、トレーニングの継続を宣言している。

2018年「ここはパフォーマンスセンターではない」

年が明けて、2018年1月3日の大プロレス祭りサイン会に柴田が登場する。「これは動けるようになったら必ずやろうと思っていた目標の一つ」ということで、サイン会場スペースにはTAKAYAMANIAの募金箱(高山善廣のリハビリ支援)が設置された。1月4日の東京ドーム大会にも足を運んだ柴田は、「新日本プロレスらしさの足りない大会にも感じた。足りないと感じたモノは、自分が個人的に追求していけばいいかなと解釈しております」と“らしい”コメント。

「最近、調子の良い時は歯を食いしばらずに懸垂が7回ほどできるようになって参りました。本当はもっと出来るのですが、力を入れ過ぎたり歯を食いしばると頭に血がのぼって良くないみたいなので」とトレーニング上での変化も明かした柴田。新しい年にあたり「自分自身、まだまだリングにどうこうという段階では無いのですが、半年前より随分と(懸垂やサイン会を含めて)いろんな動きができるようになっております。今年は動ける範囲でいろいろと動いていきたいです」とする。

1月18日には都内『2017年度 東スポプロレス大賞』授賞式に顔をみせた柴田。オカダ戦以降で公の場に出たのは4度目。頭部の怪我のこともあり、この授賞式を前に足を運んだ美容室は10か月ぶりとなった。3月に入ると、ロサンゼルス道場のヘッドコーチに柴田が就任したことが新日本から告知された。日本のプロレスの歴史を練習生に伝えながら、現役選手のままで自身のリハビリも進めていくことを宣言している。

3月の同時期の日記では、眼科医が驚くほどの視界の回復(1/2程度だったものが、調子によっては3/4程度まで)、ロサンゼルス道場で過去最高のコンディションを目指す意思など怪我からの1年の経過・心境を長文で綴ってみせたが、詳細を書き過ぎたと思い直したのか大幅削除する一幕も。

欠場入りから1年経った4月4日発売分『週刊プロレス』誌でのインタビュー。柴田自身の“復帰”はあるのか? 柴田は自身のケガを「皆さんが思っている以上に時間がかかるもの」「自分もよくわかんねえよ」とした半面、「1年でここまでの回復って医者もビックリするレベル」なんだという。このくだりで「1年経つ前にアクションを起こしたかったっていう部分では、(志願してヘッドコーチに就任したことで)目標というか、一つケガには打ち勝ったかなと思っております。これも自分の中のプロレスなんですよ」との言葉が出た。

6・21後楽園ホール大会では、スーパー・ストロング・マシン引退セレモニーに魔界倶楽部の一員として花束を持ってリングイン。8月に入ると、柴田は日記で道場ハウス(道場生寮)開設を報告した。寮には4名の受け入れが決まっており、日々の合同練習は他の若者含む10人前後の規模なんだという。ロサンゼルス道場コーチ活動が本格化する一方で、キャンプの合間を縫いつつ何度か一時帰国。柴田は会場でのサイン会、検査やファイプロ音声収録をこなした。サイン会では4・14後楽園ホール大会、6・9大阪城ホール大会、8・2福岡大会、8・4大阪大会、8・12日本武道館大会、10・26後楽園大会に登場し、ファンとのコミュニケーションをとっている。

また、8・12武道館大会では、G1クライマックス優勝決定戦にて棚橋弘至のセコンドとして登場。制覇した棚橋を肩車で祝福するなどの盟友との熱きシーンはファンを歓喜させた。試合前に柴田から棚橋にかけた言葉は、棚橋によると「新日本プロレスを見せろ」だったが、15日更新分日記では「アイツらに新日本プロレスを見せてやろう!」だったと柴田は振り返る。肩車までできたことで「1年前と比べて随分とリングに近づいてきたという感触があります」と綴った。

9月~11月には公式YouTubeにて『ザ・レスラー 柴田勝頼 LA道場密着ドキュメンタリー「CALIFORNIA DREAMIN’」』が5回分に渡って公開された。「自分にしかできないことですよ、とにかくやっていきたいことは。他の選手に務まることだったら俺はここはすぐ降りてもいい。俺にしかできないことをやる」などとヘッドコーチへの意思が改めて語られた。デカくなった上半身の披露もありつつ、ヘッドギアをつけてスパーリングに参加する風景も挿入されていた。

「(新日本の海外進出を見て)いいんじゃないですか。やっぱり、スポットライトは魅力的で『あの中に行きたい』という気持ちにはなりますね。この前のカウパレスも、遠くから見ていて、あの中心がいいなぁと」とも。ドキュメンタリーは第5回にて、現地時間・9月30日(日)アメリカ・WALTER PYRAMID大会においてのLA道場生デビューマッチ「アレックス・コグリンvs.クラーク・コナーズ」へと辿り着いている。また、現地時間・11月10日(土)カルフォルニア州アナハイム大会ではLA道場“第3の男”カール・フレドリックスがデビューを果たした。

2019年「友だちが少ないところも似てるし」

2019年も、1月3日の大プロレス祭り、3月23日の長岡大会、6月5日の両国国技館大会と精力的にサイン会に繰り出している。大プロレス祭りではモノマネ芸人(棚橋弘至、中邑真輔に扮する)と並んで“新闘魂三銃士”ショットを披露する場面も。

コグリン、コナーズ、フレドリックスも参加となった現地時間・1月30日ロサンゼルス大会、2月1日シャーロット大会、2月2日ナッシュビル大会の新日本プロレス3大会では、米政府機関閉鎖の影響で多くの日本人選手のビザが取得できず不参加になる異常事態が発生した。挨拶が予定されていた柴田は観客に謝罪しつつ「俺が新日本プロレスだ。俺たちは新日本プロレスだ!! そしてLA道場こそ新日本プロレスだ!!」と宣言する。のちの柴田の日記では、会社の姿勢として「“ごめんなさい”の一言がないのが一番良くない」という思いがあったことを告白した。

3月24日、長岡大会での『NEW JAPAN CUP 2019』優勝決定戦にオカダが進出した。実況席に座った柴田は「私がここ(長岡)に来るのが2年ぶり。(制覇して)挑戦を表明した(相手だった)のがオカダだった。人生って面白い」と吐露する。試合を制したオカダが柴田との“再会”後のバックステージで涙すると、柴田は「オレは生きてるから安心しろと。大丈夫だ、泣くな。いろんなものを背負ったうえでマディソンで試合(ジェイ・ホワイトとのIWGPヘビー級戦)をしていただきたい」とエールを送った。

6月9日、大阪城ホール大会において柴田がソウルメイトであるKENTAを呼び込み、KENTAが夏のG1クライマックス参戦を表明した。バックステージでは、「友だちが少ないところも似てるし」としたKENTAと「友だちが多いと、闘いづらいからね。唯一、ボクの数少ない友だちを連れてきました」とした柴田が意思疎通を図った。

6月24日には“同級生”後藤洋央紀と“ヘッドギアをつけていない”柴田のスパーリング風景が公式YouTubeにて公開された。

柴田につないでもらうことで新日本参戦が実現したKENTA、LA道場で約1か月に渡る特訓を経た後藤洋央紀、アンダーカードに名を連ねたLA道場勢(コナーズ&フレドリックス)。この顔ぶれを帯同するかのごとく、LA道場ヘッドコーチ・柴田は真夏の祭典G1クライマックスの全戦を視察した。柴田の試合前サイン会は、7・14大田区、7・15北海きたえーる、7・18後楽園、7・24広島、7・27名古屋、8・1福岡、8・3大阪、8・10武道館の8大会に渡った。

AD

7・14大田区大会での棚橋弘至vs.KENTA戦では、柴田が中継での解説を務める。戦前の棚橋による「迷子」という開幕戦KENTA評に「俺が連れてきたのは(WWE時代の)ヒデオではない。KENTAだ」と同意したが、棚橋を料理してみせたKENTAの闘いぶりを「今日は本当にKENTAでしたね。迷子が意外と道を見つけるのが早かった」と好評価した。

7月27日には販売サイトを通じてデビュー20周年DVDの10月発売が明らかとなり、サイン会でのファンとの会話では「今まさにつくってるところです! ボクのDVDですよッ!」との言葉も飛び出す。8月6日には、KENTAと一緒にリハビリ中の高山善廣を訪問した。

8月12日、日本武道館大会にてKENTAがタッグパートナーを裏切り、バレットクラブ入りを表明した。これに怒った柴田がリングイン、番外戦ではあったが2年4か月ぶりにプロレス技を披露する。Tシャツを脱ぎ捨てるや、ビルドアップされた肉体と美しいフォームで串刺し式低空ドロップキックを敢行! 柴田の雄姿に大シバタコールが爆発したが、「どこ行っても、どこのリングでも、ちゃんとKENTAでいろ。迷子が道を見つけられて、よかったじゃん」とソウルメイトに“別れ”を告げた。

9月4日から開幕するシリーズで約2年ぶりに『ヤングライオン杯』開催となり、柴田が指導するLA道場からもクラーク・コナーズ、カール・フレドリックス、アレックス・コグリンの3名が参戦した。「実際は日米道場対抗戦ですよ。自分の教え子たちを日本に送り込むのが、1つの目標というか第一段階でもあった」と意気込んでシリーズに突入した結果、9・22神戸大会ではフレドリックスが優勝を果たす。柴田は“LA道場での1年半”に間違いがなかったことを実感するとともに、野毛道場・成田蓮からの直訴「僕をLA DOJOに連れて行ってください」を受け入れた。

10月10日に柴田のデビュー20周年DVDが発売となる。これまで語り切られてはなかった自身の考えを、柴田はインタビュー映像で発信した。新日本のスピリットが柴田にあるという見られ方をすることについて、柴田は旗揚げメンバーである柴田勝久を父に持つ血筋を「生まれたときから新日本」ととらえる。「だからそういう見え方になってるんじゃないですか。海外からでも一般のファンの人からも。自分で言わなくても、ストロングスタイルに見えたり、新日本プロレスに見えたり」と客観視した。かつての「辞めるのが新日本プロレスだった」との発言にも言及し、「お前らやらないんなら俺一人でもやる。一人でもやる新日本プロレスっていうものが実はあった」と“続き”を語ってみせた。

自らの姿勢を「怪我で休んでますけど、プロレスを常にしているという意識で生きています。逆に言えばそれがないと、何のために生きているのかわかんなくなっちゃうという。道がわかんない」とする。LA道場のモチベーションについては「自分のところで(伝統的なプロレスを)終わりにしたくないなって意識はありました。プロレスがどんどん進化するのはいいんですよ。だけど、忘れちゃいけないものは必ずありますよ。スピリットとか、姿勢だったり、そういうものを国カンケーなく教えていければ」と語った。怪我については「手も足も動ける、脳も使える。首から下は今の選手よりもコンディションいい」と触れるにとどまったが、「かといって何を諦めたわけでもないし、俺のプロレスラーとしての人生は続いていくと思いますし。途中です。途中でリングを離れているだけです」とした。

10月21日、新日本プロレス事務所にて米国法人『New Japan Pro-Wrestling of America Inc.』の設立に関する会見が行われた。冒頭には映像にて「柴田です。新日本プロレスはついにアメリカ法人を設立します! 我々LA道場選手一同ますます頑張ってまいりますので、今後もご期待ください。以上!」との報告が行われた。

11・3大阪大会では盟友の後藤洋央紀がインターコンチ王座に挑戦する。王者であるジェイ・ホワイト側のセコンド外道が乱入した際に、放送席にいた柴田が外道を排除する。しかし、ジェイ側として追加乱入したKENTAが後藤・柴田に連続フロントキック。なおも柴田はリングサイドでKENTAの鉄柵攻撃、蹴りを食らった。元ソウルメイトであるKENTAとの遺恨を深めた格好となっている。

12月、『KAMINOGE』井上崇宏編集長が柴田勝頼との2ショットをInstagramにアップした。新日本プロレス所属となって以来、疎遠になったかと思われていた2人の接近を予感させた。

2020年「自分は生きがいがないと死んじゃうんですよ」

1月5日、大田区体育館大会でのサイン会に柴田が登場した。中断されているドキュメンタリー動画、開催されなかった20周年イベントについてファンに聞かれると、要望を出してほしいと回答した。

1月5日には獣神サンダー・ライガー、2月22日には中西学。先輩レスラーたちの“出発”に柴田も立ち会った。

2月25日、船木誠勝がYouTubeを更新。かつてプロレスラーから総合格闘技に転向したことがある柴田だが、その際のエピソードを公開した。「総合(総合格闘技)やりたいです!! 今までトレーニングしてやってきた技術を試してみたいです」という柴田に対し、
船木は「(生活もあるので)プロレスもやりながら試合をするのはどうか?」提案したという。しかし柴田は「それはプロレスに失礼になるので、総合だけに専念します。総合1本で」と返答。片手間にやることはではないプロレスに人一倍のプライドを持っていた柴田の2006年の姿勢が明かされた。

3月に棚橋が柴田とのトーク風景写真を披露した。後の販売情報で2020年5月27日発売『棚橋弘至20周年DVD』が明らかに。「2014年〜2019年棚橋弘至ヒストリー」がゲスト柴田との対談で行われていることがわかった。

同じく3月、CSテレ朝チャンネル『ワールドプロレスリング オレのメモリアルバウト』にて柴田勝頼編が放送となった。柴田のセレクトは「1995年10月9日 東京ドーム 永田裕志、石沢常光 vs. 金原弘光、桜庭和志」「2003年8月15日 両国国技館 G1 CLIMAX 13 Bブロック公式戦 高山善廣 vs. 柴田勝頼」の2試合。ドームの試合については「プロレスの試合で何がいい試合ですか、何が思い浮かびますかって言われると、これが真っ先に思い浮かんじゃいますね。僕の青春時代です」と論評し、華やかな技よりも“闘い”を志向する柴田の考えにスポットが当たった。

4月5日、新型コロナ禍中で発刊された『KAMINOGE』vol.100において2017年のオカダ戦以来の“黒パン”撮り下ろしと、ビルドアップされた肉体を披露する。KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼が降臨した。30ページに渡るインタビューで、オカダ戦以降の詳細を柴田自身の言葉で語った。

内容については、KAMINOGE編集部からのTweetで「自分はオカダ戦で終わってもいいと思っていたんです。『あれが最後でいいや。とっとと辞めよう』って。だけど自分がやれること、やれる試合ってまだ絶対にある。自分は生きがいがないと死んじゃうんですよ、残念なことに」との要点が明かされた。生きがいとしての“試合復帰”について初めて言及している。

新型コロナ感染拡大を受けての政府の緊急事態宣言から一夜明けの4月8日。柴田は日記で、自らの外出自粛に触れつつ「現実には生活が・・・と、どうこう言う前に命がなくなると生活は出来ません」と冷静な行動を呼びかけ。柴田ならではの重みある「命は一度消えると戻らない」との言葉で自身と周りを守るよう訴えた。

関東地区では5月9日深夜放映となったテレビ朝日『ワールドプロレスリング』にて、「2017年4月9日の柴田勝頼」が特集された。新型コロナウイルス感染拡大による興行休止でリアルタイム試合が行われない中、3年前のオカダ・カズチカ戦にスポットが当たる。

改めて柴田は、この試合が特別であったことを明かす。「自分の試合で満足とかしたことがないんですよね。満足したら終わっちゃうのかなと思ってたんで。ただ、なんか、あの試合は・・・負けたんですけど、やり切ったっていう。その日まで持てる力だったりエネルギーだったり、全部を使い果たした、全力を尽くせた」。“生まれたときから新日本プロレス”と柴田はよく自己表現するが、こうも表現してみせる。「勝敗どうのじゃなく、新日本プロレス、プロレスラーとして、こういう試合をしたかったっていうのをやってたし、やれた試合だなぁと俺は思いますね」。

コロナ状況下で外出も制限される中で、柴田と同様にこの時期を日本で過ごすことになったロス道場生ゲイブリエル・キッドへのトレーニングは精力的に行っているようだ。柴田の“リハビリ”も同時進行となるわけだが、ライガーが柴田のビルドアップされた肉体に驚くという出来事も。

2月26日の沖縄大会以来、新日本プロレスが無観客ながら6月15日から大会を再開する。同時にアメリカでも開催された『Lion’s Break Collision』の日本語版解説(音入れ)を、柴田は棚橋弘至とともに行った。

柴田のグッズは会場販売と通販に限られていたが、8月になって水道橋・闘魂SHOPでの取り扱いがスタートした。

2020年G1最終戦。試合前のリング上で上村優也、ゲイブリエル・キッドを指導。

コロナ状況による渡航も緩和され、柴田は日本を後にする。11月10日には米国からクラーク・コナーズ、アレックス・コグリンとともにオンラインサイン会を配信した。

2021年「次、リングに立つときはコスチュームで。以上!」

 2021年を迎え、1月6日のプロレス&格闘技DXの毎週水曜コラム『REAL TALK』更新で抱負を語った。「今年は去年の一年間で達成出来なかった目標があるので、そこに費やす一年となりそうです。決して焦らずに」。改めて2022年での“試合復帰”という目標を示唆した。

 1月にNEVER王座を戴冠しながらも“ベルトを腰に巻かない”姿勢でいた棚橋弘至が、2月に東スポ上で柴田からの助言があったことを明かした。「言われましたよ。『棚橋君には(腰に)巻いてほしくない。棚橋君が狙うべきはIWGP(ヘビー級王座)だから』って。柴田さんはそういう理由でアドバイスしてくれたんですけど」。なお、柴田もNEVER王者時代は一度もベルトを腰に巻いていない。

 4月16日、ドラディションでの長井満也30周年大会におけるお祝いメッセージ映像で魔界倶楽部時代の盟友・柴田からのものも流れた。「長井さん、デビュー30周年おめでとうございます。長井さんとは魔界倶楽部の時に一緒に同じチームで活動してまして、とても懐かしく思います。自分のK-1ルールの試合の時には、ずっとミットを持ってキックの練習に付き合ってくれたり、本当に感謝しています。自分がその後、新日本辞める時に、相談できずに辞めてしまい、それ以降まだ会ってないんで。そのままずっと自分の中に申し訳ない気持ちがあるんで、この場を借りてお詫び申し上げます。本当にすいませんでした。自分は今、怪我をしてしまいまして、怪我を治しながら、LAのほうで若い選手にプロレスを教えたりして過ごしています。長井さん、30周年ということで、末永く、これからもパワフルにプロレスの試合…その他も全てパワフルに元気よく頑張って過ごしてください。ありがとうございました。おめでとうございます。以上」(コメント部分はバトルニュースより)。

 4月28日、『REAL TALK』にて「目の裏側をえぐられるような激痛」を伴う群発頭痛に見舞われていたことを告白。同月14日・21日のコラム休載でファンを心配させていたところだった。

 5月24日、棚橋弘至が「先日、LAの柴田さんから…ケビン(LA道場の選手)のトレーニングを取り入れてやっています と、スゴい写真が! #肩 #胸 」との言葉とともに柴田のビルドアップされた肉体写真をブログで披露した。

 6月の『REAL TALK』内で「朗報です! レスリング男子フリースタイル57キロ級の高橋侑希が東京五輪出場(6月12日の東京五輪代表決定プレーオフに勝利)を決めました!」と、指導を通じて面識のある後輩・高橋選手の五輪出場を喜んだ。

 7月24日、愛知県体育館大会でのメイン「棚橋vs.KENTA」中継の解説を務める。凶器使用も辞さないファイトで棚橋をKOしたKENTAを、リングインした柴田がフロントキックで制裁。立て直して勝利した棚橋に、リング下の解説席から柴田は「棚橋くん、もう一度IWGPを獲ろうよ!」と声をかける。これをきっかけに、翌日7・25東京ドーム大会において棚橋は飯伏幸太(当日欠場)の代打としてIWGP世界ヘビー級王座に挑戦した。

 8月15日、米ロサンゼルスにおける新日本プロレス『RESURGENCE』大会で上村優也が海外武者修行初戦勝利を果たす。上村は「LA道場で強くなるぞー! 柴田さーん!!」と柴田を呼んでLA道場入りを志願。柴田は「カム、ウィズ、ミー」と呼応し、LA道場Tシャツを渡した。

 8月19日、柴田の「ザ・レスラーTシャツ」に新色『ブラック×レッド』が新登場となった。

 10月21日、G1クライマックス優勝決定戦の日にサプライズで日本武道館に登場。5分間のグラップリングルールによるスペシャルエキシビションマッチでザック・セイバーJr.と対戦した。オカダ戦以来4年半ぶりの試合をフルタイム闘った柴田は「次、このリングに立つときはコスチュームで。以上!!」とマイクで締めた。

 10月23日には『闘魂ショッピング』生配信に出演し、「(次は)コスチュームで出たいっすね。そこが自分の中の最大の目標でもあるんで」と強調している。

 11月17日、42歳の誕生日を迎える。エキシビションマッチの“先”があるのかは誰にもわからない。柴田は米国をメインの拠点としながら海外大会に携わりつつ、前のめりな日々を送っている。



応援よろしくお願いします!!
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年12月6日発売! 表紙及び巻頭ロングインタビューは、4年前の試合中の怪我により長期欠場中の柴田勝頼(新日本プロレス)。 まさかの復帰はあるのか? そして好評連載『鈴木みのるのふたり言』は拡大版で、2カ月間の全米ツアーを終えた手応えを鈴木みのるに聞く]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼